トップニュース

月に最初の通信ネットワーク構築にノキアがNASAと契約| ロイター

米航空宇宙局(NASA)は、月に初めて通信ネットワークを構築している企業にフィンランドの通信機器大手ノキアを選択した。 ノキアが19日発表した。 ニューヨーク証券取引所で2018年5月に撮影(2020年ロイター/ Brendan McDermid)

[헬싱키19일로이터]- 米航空宇宙局(NASA)は、月に初めて通信ネットワークを構築している企業にフィンランドの通信機器大手ノキアNOKIA.HEを選択した。 ノキアが19日発表した。

NASAは2024年までに再び人を月に送り、人類が月に滞在することを目的アルテミス計画を進めている。

ノキアは、宇宙で初めて無線ブロードバンドシステムの有人月再着陸前22年末に構築すると説明した。

テキサス州の宇宙探査機の設計会社である先な・マシンズ連携してインチュ(native)飲んだズの月着陸船を利用して、機器を運ぶ。 ノキアによると、ネットワークは自動的に通信接続すると、4G / LTE通信システムを構築する。 いつかは、次世代の通信5Gに転換させたいと思った。

ネットワークを構築して、宇宙飛行士は、電話や映像を介して接触することができるようになる他に、遠隔測定及び生体測定の交換も可能になる。 月探査機やその他のロボット装置を構築する、遠隔操作することができる。

ネットワークは、発射と月面着陸の極限状況に耐え、宇宙で動作するように設計される。 宇宙船の厳しい積載量基準を満たしている超小型で持ち運びしなければならない。

READ  米国ISM製造業景況指数、2018年以来の高値 - 新規受注が好調 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close