月ベースの目標に向けた日本の技術発展。 空気のない低重力環境の建設的課題

Estimated read time 1 min read
読売新聞
小松株式会社エンジニアが神奈川県平塚で問題を確認するために、仮想空間で油圧ショベルを操作しています。

日本では月基地建設のための真剣な努力が進められています。 日本は災害地域作業などのために開発した遠隔操縦技術を活用し、宇宙探査分野の国際競争力を強化するという目標だ。 国土交通部は早ければ2030年頃、月基地建設を目標に民間企業の宇宙探査活動を支援し始めた。

1億円貨物1kgあたり

神奈川県平塚市にある建設機械メーカーの小松(Komatsu Ltd.)工場でエンジニアたちは「機械は軽くて穴を開けることができなければならない」、「最大の軽くするには」などの意見を交換した。 、コーティング材料の使用を避けたいと思います。」

小松は月面を貫通できる油圧掘削機を開発することを目指している。 月環境のコンピュータシミュレーションを通じて研究開発が進められています。 これは会社の最初の宇宙探査プロジェクトです。

今後問題はかなり多いです。 地球から月まで貨物を輸送するには、1kgあたり1億円を超える費用がかかります。 単純に推定すると、会社が現在開発中の3トン油圧ショベルを月まで運搬するのに3000億円以上がかかると予想されます。 機械の質量を減らすために、同社は炭素強化プラスチックと軽金属を使用して製造し、コーティング材料を使用しないことを検討しています。

地球の6分の1程度である月の重力も会社の研究開発に影響を与えます。 彼らは、地球で使用されている機械が月で動作する場合、月の表面に穴を開けると、機械本体が浮かび上がるという事実を発見しました。 エンジニアは、機械に重量を追加し、テンションロッドを使用するなど、問題を解決するために努力しています。

研究チーム長杉村俊介(54)は「難しいことだがインスピレーションを与えるプロジェクトに参加することになり、やりがいを感じる」と話した。 小松機械が月面で働いている様子を見たいです」

アルテミスプログラム

水は月の広い地域にわたって存在すると考えられています。 もしそうなら、人々はそれを飲むことができます。 それを酸素と水素に分解してロケット燃料を作ることもでき、宇宙探査の可能性を拡大することもできます。 月面を貫通し、水と脂質を調査するための基地の建設は重要なステップになります。

このため月は火星などより遠く太陽系に向かうことができる基地として注目されている。 米国は有人月着陸、月基地建設などを目標に2019年からアルテミスプログラムを進めてきた。 日本は2019年にプログラム参加を発表し、現在29カ国がアルテミス協定に署名しています。

114カ国が締結した宇宙条約には、「月やその他の天体を含む宇宙空間は、主権の主張、使用や占有、その他の手段を通じて国家的所有の対象にならない」と明示されています。 月の開発をどのように進めるかは今後の議論のテーマになると思われる。 今後の議論が進むと予想される中、この分野で優位性を確保することは多くの国で緊急の問題です。

火山体験で学ぶ

現在では空気のない環境で人が月に着陸して施設を建設することは難しい。 このような問題を解決するためには、遠隔操作や自動施工が可能な技術が重要である。

日本では、1991年に長崎県雲仙山ふげ岳頂上の爆発で大規模な火砕流が発生した後、関連教訓を得ました。 災害後の復興の過程で作業者の安全を守るために機械を遠隔制御する技術が開発され、その後技術が向上しました。

このような経験をもとに国土部などは2021年宇宙空間無人建築を可能にする技術開発を支援する事業に着手した。 今年度、海洋省は月探査を促進するため、一般請負業者、大学、その他機関が別途実施する12のプロジェクトに5億円の予算を支出しました。 小松のプロジェクトは12のプロジェクトの一つだ。 国土部は早ければ2030年初めに基地建設を目標に、2025年までに各プロジェクトの妥当性やその他の問題を検証する計画だ。

長井直樹(53)日本航空宇宙探査局宇宙探査センター管理統合室長は「月基地建設努力が月都市開発につながる可能性がある」と話した。 私たちは日本の強みを活かしたいです。」

READ  11月1日、NASA宇宙飛行士2人が史上4回目で女性だけで宇宙遊泳を遂行する姿を見守ってください。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours