有名な日本「SHIP’S CAT」作品、ピンドンでデビュー

Estimated read time 1 min read

台北、8月15日(CNA)著名な日本現代美術家の矢部健二(Kenji Yanobe)が、8月19日から、ピントン県洛山鳳遊園地のシーサイドギャラリー(Seaside Gallery)で大型猫形状コレクションを展示する「SHIP’S CAT」 「展示会を開催する。 月曜日郡政府が発表した声明によると、11月19日まで。

台湾にすでに到着した矢野部は、猫をテーマにした3つの新しい作品をもたらしました。 3.7メートルの高さの金属彫像「SHIP’S CAT(Ultra Muse)」、猫が恵みを返す意味で後ろを振り返る姿。 船の船首に座って船員に幸運をもたらす猫を再現した白「SHIP’S CAT(人物像)」作品。 宇宙服を着た「SHIP’S CAT(Mofumofu22)」作品は公式ウェブサイトによると、ダルマの猫が採用したポーズを連想させるポーズをとっています。

公式ウェブサイトによると、猫をテーマにした10個の人物と原稿とともに台湾に展示されるこの3作品の推定値は2億円(米ドル137万ドル)に達する。

矢野部の「SHIP’S CAT」の制作へのインスピレーションは、船と海軍船、特に彼の故郷である大阪の港で、この動物の上品な存在から来たと郡政府の声明によると

猫はラットを殺して、物を傷つけたり、食物や水を汚染したりするのを防ぎました。 これにより、長距離旅行中に乗組員に病気が広がる可能性があると地方政府は付け加えた。

心理的に言うと、乗組員はしばしば猫を仲間にして快適さを感じ、香水瓶を緩和したと声明は明らかにした。

作家はこのような概念をもとに現代と未来の世界で人間を保護し、ケアする猫の世界を作ったと自治体は付け加えた。

現在、京都芸術大学教授として在職中の矢野部は、日本の漫画、アニメ、映画を特殊効果で結合した作品を通じて、現代社会で人々がどのように生存するかに注目する先駆的な芸術家でもある。

日本の作家の以前の作品は、1970年に大阪万国博覧会の壮大で未来的な建築と作品展示の遺跡を目撃したことからインスピレーションを得ており、より創造的なインスピレーションを得るためにウクライナのチェルノブイリ原発事故現場を訪問した。 自治体が指摘した。

展示期間中、ギャラリーは猫をテーマにしたガチャ玩具やその他のお土産も販売するとの声明によると。

(リフィティング、オスカウ記者)

最終アイテム/AW

READ  X Games 2022 5日目ニュースと結果
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours