理科

有害な行動を見ると、脳は「悪臭を嗅いだとき」などの反応を引き起こす – GIGAZINE


ヘレンホストのみ – アレン

「人の破壊的な行動」を見たときの脳の反応と「悪臭を嗅いだとき、「脳の反応が同じであるかを研究者が究明した。 つまり、人の有害な行動を見たときの味と香りの考え方が変化したり、逆に悪臭人に対して「有害」と判断しやすくなったりすると、研究者説明しています。

健康に有害な行動は、悪臭と同じ脳の反応を誘発します
https://medicalxpress.com/news/2020-10-unhealthy-behaviors-trigger-brain-responses.html

臭いは食糧の新鮮さなどの情報を提供するために、においをきっかけに嫌悪が生まれたことで、人は毒のある食べ物を避けることができます。 同様に、痛みによって人は撤退が可能であり、けがの危険性を減らすことができます。 嫌悪感や痛みなどの反射的な反応は、人が生存を高めるために使用してきた進化の産物であるが、多くの心理学者は、これらの生存反射が “他人の不良・有害行動」も反応すると考えていること。

これまでの研究では、淫行のような「道徳的判断」に影響を与える人間の基本的な感情が「憎悪」なのか「痛み」であるかの議論が起きていました。 だからジュネーブ大学心理学のCorrado Corradi-Dell’Acqua氏は「憎悪」と「痛み」の道徳的感情に影響を与えるかを独自の方法で調査しました。

この研究ではCorradi-Dell’Acqua氏は、まずテーマについて悪臭をかがせたり、熱による痛みを与えました。悪臭や痛みという別の方法で同じ程度の刺激を生み出した後、研究者は、被験者にトロッコ問題のような「価値判断」を誘導する本を読むようになったこと。 トロッコ問題は「制御不能のトラックの進行に先立ち、5人いるが、そのままだとひき殺されてしまう。しかし、たまたま自分が分機器の近くにあり、トラックの進行位置を変更することができますが、変更すると、その進路から1人は必ず死ぬあなたは進行対象の切り替えなければならない。」とのこと。


実験の結果、トロッコ問題のジレンマは、被験者の臭いの考え方を変えて嫌悪感を生み出すたが感じる痛みに変化がなかったとのこと。 また、被写体が痛みをどのように考えているかどうかは、電気刺激に汗や神経系の反応を測定することが確認された。

その後、Corradi-Dell’Acqua氏は二刺激に対する脳の変化を確認した。 一般的に、痛みと嫌悪という二つの刺激によって脳が活動する場所は同じであるため、両者を区別するのは非常に難しいとされています。 だから研究チームは、特定の部位に集中するのではなく、MRIにより脳全体の活動を調査した。 したがって嫌悪の脳全体の反応は、道徳的反応で影響を受けることができなったと研究チームは見ている。

今回の研究結果を受けてCorradi-Dell’Acqua氏は「例えば、何かを飲みながら腐敗記事のような道徳的判断に影響を与えることを読んで、香りと味が悪く感じられることがありますその逆の場合で、においが不十分な道徳的判断を引き起こす可能性がありますが、悪臭の人に「この人は、有害である」と判断を下すことができます」と述べた。

また、調査に用いたMRIを使った手法は、新しいものであり、「心理学の重要な発見だけでなく、この研究では、嗅覚的な嫌悪感を知っているバイオマーカーのプロトタイプを開発する機会があった。 2点に大きな進展があったと言うことができます」とCorradi-Dell’Acqua氏は言います。

アクア機械

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
糞の臭いのスプレー「Liquid Ass」が医療用途に使用されるようになった理由 – GIGAZINE

突然変異 “腐った魚の臭い」を感じない人が生まれた – GIGAZINE

なぜ頭がいい人でも愚かな行動を捨てるか、そこには「重要な概念」の重要性 – GIGAZINE

世界の政治・公務員がどのよう腐敗しているかどうかを視覚化するとこんな感じ – GIGAZINE

なぜ麻薬組織が蔓延警察に捨てられた都市が国内最高水準の治安のよさを実現することができたのか? – GIGAZINE

READ  「お金が欲しい」介護の現場の高齢者クレイマースタッフを売りナイフの脅威 "難しい事例」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close