science

木星の衛星は合計数百かも? 研究は、次世代の観測手段に期待| ガジェット通信GetNews

木星の衛星は合計数百かも? 研究は、次世代の観測手段に期待

木星探査船ジュノが撮影した木星(Credit:Image data:NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS、Image processing by Kevin M. Gill)

太陽系最大の惑星・木星。 1610年ガリレオ・ガリレイが発見した衛星数は4でしたが、現在までに79衛星が確認されています。 この400年に知られている衛星の数は20倍近く増えたことですが、研究グループは、木星には、合計数百個の衛星が存在することがないと思います。

ブリティッシュコロンビア大学エドワード・アシュトンアルグループは、ハワイのマウナケア山頂にある「カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡(CFHT)」によって2010年9月8日に取得された観測データを分析した結果、木星と同じ速度で移動25.7評価までの天体52個を検出した。 このうち7「ヘルミトペ “「エリーノメ “など、すでに知られている木星の不規則な衛星(※)であることが確認されたとするが、残って45直径800m程度の知られていない不規則衛星である可能性が高いしています。

※…惑星の自転方向と逆方向に公転する支持衛星や傾いた楕円軌道を回っているような衛星

観測技術の向上に最近では、木星や土星の軌道を回る小さな衛星が多く発見されています。 木星の衛星79個のうち12個は2018年7月土星の衛星82個のうち20個は2019年10月発表されたばかりで、そのうちのいくつかについては、命名キャンペーンも開催されました。

研究チームによると、今回使用されたデータは、1平方度(満月約5個分)の範囲を観測したものであり、検出された45個の天体が実際に木星の衛星であると仮定すると、直径約800m以上の衛星の推定数は約600個に達するとする。 しかし、今回発見された45個の天体はまだ木星の衛星と確認されず、断定するには追加観測が不可欠です。

Ashton氏はヴェラ・ルービン天文台などの次世代観測手段による再発見への期待をSky&Telescopeに受理されたコメントに記載しています。 研究をまとめた論文は、The Planetary Science Journalに受理され、Ashton教授は、9月21日から10月9日まで開催されているEuroplanet Science Congress 2020での成果を発表する予定です。

画像クレジット:画像データ:NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS、Kevin M. Gillの画像処理、3.0のCCライセンス
出典: 空と望遠鏡
文/松村武宏

関連記事リンク(外部サイト)

薄い。 星形成の材料が不足して貧血銀河
火星の表面に「乾いた泥 “? キュリオシティ、水があった証拠を新たに発見したり
地球の大気の酸素月まで届いていた衛星「かぐや」のデータより、大阪など発表

READ  帰還の成功は、スペースX有人宇宙船飛行士が見た地球| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close