理科

木星を覆う雲の新しい変化をハッブル宇宙望遠鏡が捉え – GIGAZINE



ハッブル宇宙望遠鏡によって2020年8月25日に撮影された木星の写真を欧州宇宙機関(ESA)この公開された。 ガスを主成分とする木星は常に雲に覆われており、気流の変化によって木星の表面に変化が生じたことが報告されています。

ハッブル、木星とヨーロッパの新しい鮮明な画像捕捉| ESAハッブル
https://www.spacetelescope.org/news/heic2017/

今回のハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された、次の写真で木星で発生する気流の状態が鮮明に把握することができます。 この写真は、木星が地球から6億5300万キロ離れているとき撮影されました。


ハッブル宇宙望遠鏡の研究チームによると、今回撮影された写真で木星の北半球に、白の嵐のような新しい気流が確認されたもの。 次の赤で表示した部分が新しい気流で2020年8月18日に発生した時速560キロで木星の上を移動していると研究者たちは推測しています。 また、この気流はまた、木星のグレートレッドスポットに匹敵するほどの大きさで、長期間木星に残っている可能性があること。


木星の南半球を反時計回りに回っている大赤斑は、次の赤の部分にあります。 大赤斑は高気圧性の巨大な渦から1665年に発見された全体の発生原因と構造は、記事作成時点で解明されていません。 ハッブル宇宙望遠鏡の研究チームの見解では、撮影時点で大赤斑の大きさは、直径1万5800キロで、地球の直径の1万2742キロよりも大きいこと。


大赤斑の南に写っているのは、楕円形のBAという気流です。2006年ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された写真は赤色をしていましたが、今回撮影された写真は、白くたいなっていることがわかります。


また、画像中木星の第2衛星であるヨーロッパも写っていました。 衛星ヨーロッパは氷で覆われた表面の下に水が存在すると信じており、外国人の生き物が住むことができるスターになる可能性が秘められています。 2022年に予定されている木星の氷衛星探査計画(JUICE)は木星とエウロパプラスガニメデカリストを探査する予定です。


この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
木星の縞模様待機下には「9つのサイクロンが密集」など、地球想像できない世界が存在すること – GIGAZINE

木星の表面に表示される数多くの「雲の帯」が生成されるメカニズムの解明が進んで – GIGAZINE

天文学界に革新をもたらしたハッブル宇宙望遠鏡が1995年に撮影した写真 – GIGAZINE

なぜ300億円以上の天体望遠鏡を宇宙に置くか – GIGAZINE

READ  キックスタート:科学界の女性の記念

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close