木村和志、ケンタッキーダービー出場

Estimated read time 1 min read

トロントのウッドバイン競馬場(Woodbine Racetrack)では、ほとんどの朝に1マイル未満の笑顔の騎手を見つけることができます。

6年前、18歳の木村和志は夢を追うために家と家族を日本北海道に残して去りました。

10代のとき、一人で地球の反対側に移動できるように家族を説得した後、トロントに到着した木村にとっては信じられないほどの跳躍でした。

CTV National Newsとのインタビューで、Kimuraは彼の初期の経験を共有しました。 「それから私は英語が話せませんでした。 それは新しい国、新しい言語、新しい文化でした。」

Kazushi KimuraはトロントのWoodbine Racetrackでインタビューのために座っています。 (アドリアン・ゴブリアル/CTVニュース)

しかし、木村が一番上手にするのは速く動くことです。 まず彼は英語を習得し、トラックを征服し、最近24歳でカナダの優れた騎手として3年連続で受賞しました。 彼の最後の3回のカナダ選手権のうちの2回は、怪我に苦しむシーズンに出てきました。

ラップタイムを記録し、彼の若い顧客を注意深く観察しながら、エージェントJordan Millerは、Kimuraの物語が現在歴史を作っている遠距離の物語だと言います。 「(騎手として)成功した​​多くの人々は10〜15日かかります。 木村が6~7年以内に成し遂げたことを成就するには20年かかることもあります。

次は今週末ケンタッキーダービーです。

「私はカナダと日本を代表する」

カナダの土地でキモラの最初の勝利は70-1の勝利確率で馬に乗って行われました。 彼がDerbyのアイアンに足を踏み入れると、彼はほぼ適切に再びロングショットの確率でライディングすることになります。 日本から飛んだ彼の言葉は、TO Passwordという名前で現在Churchill Downsでフィールドを30-1に折っている。

木村さんは、それが最も快適さを感じていると言います。 「私の言葉は、圧迫感はなく、ただレースを楽しんでほしいという意味です。」

ミラーはCTVニュースとのインタビューで、木村の「自分の技術への献身は他のどんなものとも比較できない」と語った。

「彼が興味を持っているのは競馬だけです。家に帰ると運動し、リプレイを見ます。彼の献身は誰にも負けません。」

Benoit Photoによって提供されたこの画像では、Goliad(6)はKazushi Kimuraが搭乗し、2024年2月3日にカリフォルニア州アカディアで開催されたGrade III $ 100,000 Thunder Road Stakes競馬で優勝しました。 (Benoit Photo via AP)

昨年、木村はダービーレースに招集されました。 彼は群れの途中で終わった。 今シーズン、彼は正式な参加招待を受けました。

木村は顔に伝染性のある笑顔を浮かべ、「今はカナダを代表して日本を代表する気分だ」と話した。

デルビーで最後のコーナーを回り、フィニッシュラインに向かって突進するのがどんなものかを尋ねる質問で、木村は最初に目立つのは「観客の騒音」だと言いました.

その瞬間、「多くの騎手がより積極的に変わり始めました」と彼は言いました。

「私は巨大な殺人馬になるのが好きです。 今後何が起こるのか見てみましょう。」と彼は再び笑って言った。

READ  Justin Tipuric:ウェールズとOspreysのサイドプレーヤーは残りのシーズンを見逃すでしょう。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours