エンターテインメント

木村拓哉生徒役で会話なし! 「教場2」オフでも鬼教官現場|女性自身

10月中旬、12時間の撮影を終えた後、木村。

白髪に黒いマスク姿で東京都内のイベントホールで出てきたのは、木村拓哉(47)であった。

本紙が目撃したのは10月中旬の夜。 スペシャルドラマ「教場2(仮)」(フジTV系)の撮影が終わった後だった。 朝から12時間ごとに現場にいたにもかかわらず、木村の表情が真剣に契約して気迫が伝わってきた。

“”教場2(仮題)」は、1月2日の夜連続で放送された「木村拓哉の新境地」で有名になっ “教場」の続編です。木村が演じたのは、警察学校冷酷無比な白髪の鬼教官・風間さまざまな役を演じてきた彼も老け役は初めてでした。視聴率は平均15%台の高い水準で、すぐに続編の製作が決定されたものです。」(テレビ雑誌記者)

その日の撮影も終わっていたが、なぜ「白髪鬼」の姿のままであったのか。

「現在の木村氏は、撮影のために24時間、白髪で生活しています。当日撮影前ヘアメークがリアルな白髪仕上げとし」(フジTV関係者)

木村本人は警察学校の雰囲気を作成するための重要性について、9月27日放送のラジオ番組「Flow」(TOKYO FM)でこのように述べている。

「本当に大変な作業をして、最初の撮影という状況があるので、…(中略)考えではなく、その(警察学校)の雰囲気が完成した状態で撮影に持っているのがないかというのは、今回が切実に感じがしますが、 “

撮影に毎日念入りな木村だが、その原動力となっていることが死んだ仲間の考えだという。

「4月に「教場」を扱ったプロデューサーが急逝ます。 木村さんも全面的な信頼を置いていました。 コロナ災害だったこともあり、最後のお別れすることができなかったとします」(ドラマ関係者)

木村は仲間と引き換えに前作以上を目標に役割の研究にさらに執着しているのだ。

「元のゴースト教官役と「学生たちに緊張感 “を大切に考えていました。今回は、より重要視しているので、木村さんが現場に表示され、空気がパッと変わります。

また、生徒役のキャスティングに関しても「なるべく公演したことがない人」という要求を木村氏が出しており、生徒役はほとんど会話していないようです。 しかし、剣道のシーンでは、木村氏が有段者であるため、生徒役の俳優たちに手取り足取り指導して尊敬の視線を受けていました」(前出・ドラマ関係者)

本紙が目撃した “怖さ”さえ感じる木村の表情は何とか今は亡き恩人に報いる決意の表現だったのだ。

「女性自身」2020年11月3日号掲載

READ  竜王戦:囲碁・将棋:ニュース:読売新聞オンライン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close