エンターテインメント

本のリリースを主催するTippライブラリ

受賞歴のある作家Margaret Grantは、彼の本Launch in Cashel Libraryを持っています。

受賞歴のあるMoyglass作家Margaret Grantの小説「Three Eleven」は、9月6日火曜日の午後7時にカシェル図書館でアイルランドの公開を予定しています。 Three ElevenはCity of CattolicaのPegasus Literary PrizeでPremio Emotionを受賞しました。 Margaretは、父親がハリーを作り、母親が司書として働いたアイルランド南東部のMoyglassの近くで育ちました。 彼女は11年間東京に住み、日本が2011年に地震と津波のために揺れたときにそこにいました。 その日とその後数週間、数ヶ月間、彼女の経験は彼女のデビュー小説「スリーイレブン」のインスピレーションを形成しました。 MargaretはBath Spa Universityで文芸創作の修士号を取得し、教育分野で働いています。 Three ElevenはCity of CattolicaのPegasus Literary PrizeでPremio Emotionを受賞しました。

Città di Cattolica – Pegasus Literary Awardsは、コンテンツの品質として国際的に知られています。 青年と高齢者の創造性を刺激し、新しい才能を発掘し、文学文化を復活させると同時に、文化分野で長年にわたり頭角を現した人々を祝うことに重点を置いています。 「Margaretが彼女の母親が働いて、間違いなく文学への愛を活用したTipperary County Council Library Serviceと一緒に、この楽しい小説をアイルランドでリリースすることは非常に適切です」 Cashel司書Maura Barrettは言います。 「私たちは、彼女が幼い頃によく行った場所であるCashel Libraryを選んだことを嬉しく思います。それは素敵なことです。

「スリーイレブン」はページターナーです。 私たちの時代を背景にした小説だ。 日本は地震に備えた国です。 厳格なガイドラインが新しい建物の建設に適用され、市民は何をし、どのように行動するべきかについて定期的に教育を受けます。 それにもかかわらず、誰も2011年にこの国のために準備されたものを準備していません。 その年3月11日、北東部の海岸で発生した強力な地震で巨大な津波が発生し、数多くの死傷者や福島原子力発電所が破壊されました。 恐ろしい事件の影響で、多くの外国人住民は、最悪の状況がまだ来ていないことを恐れて出国を決定しました。

その日の友人やブッククラブの友人であるCharlotte、Lauren、Fumiko、Katherine、Sinéadなど、多くの人の生活が永遠に変わりました。 5人の友人は次の水曜日に会い、今月の本であるMiddlemarchについて話し合うことを計画しましたが、その集まりは思いのままではありませんでした。 彼らは災害によって家や愛する人を失ったことはありませんでしたが、地震は彼らを鼓動まで揺れました。 これは、5人の女性とこの破産の出来事の余波でそれぞれの人生をどのように再構成したかについての話です。 この小説では、マーガレット・グラントは本を覆った後も長い間記憶に残るこの生存の物語を上手に編みました。

9月6日の本リリースでは、マーガレットは自分の小説を読んでコピーに署名することができます。 音楽的なエンターテイメントとチーズとワインのレセプションがあります。 すべて Cashel Library 062 63825 の RSVP を歓迎します。 「Three Eleven」はEurope Booksで発行され、イベントで購入できます。 株式はHanna’s Books https://www.alanhannas.com/Three-Eleven-Buildを通じて購入することもできます。 -宇宙_9791220108003

READ  火曜日ブリーフィング - The New York Times

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close