札幌、冬季オリンピック誘致努力中止

Estimated read time 1 min read

札幌市は、日本の北部都市で冬季オリンピックを開催しようとする努力を止めると、水曜日の消息筋が語った。

秋本勝宏札幌市場は29日、日本オリンピック委員会(日本オリンピック委員会)および関係地方自治体関係者との会議で、札幌市が冬季オリンピック・パラリンピック誘致のための誘致活動を保留すると発表する予定だ。

札幌は当初、2030年大会開催を目指して推進したが、2020年東京オリンピック・パラリンピック関連の入札談合および贈収賄スキャンダルにより大衆の支持が不足し、この計画を放棄した。

市は目標を2034年以降に変えたが、国際オリンピック委員会(IOC)が2030年と2034年大会候補を圧縮し、成功の可能性は消えた。

IOCはまた2038年大会開催をめぐるいわゆる特権会話にスイスを招待し、札幌開催の可能性を事実上無産化した。

このような発展に伴い、秋元は札幌市議会会議で葉巻冬季オリンピックの誘致をしばらくやめて考える必要があることを指摘しました。

札幌市の関係者によると、市政府は誘致活動を中断し、今後冬季オリンピック開催の可能性を開いておくことが最善だと結論付けた。 市はそのような活動に全く参加しないという印象を受けました。

READ  日本の暑い夏の暑さを体感するサッカー
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours