スポーツ

札幌は2030年冬季オリンピックを2022年に中断することができる

国際オリンピック委員会(IOC)と日本の管理者が、2022年の札幌の2030年冬季オリンピック誘致のために後悔交渉を行っているとこの問題を知っているいくつかの消息筋が金曜日明らかにした。

情報源によると、IOCは現在、今年の夏と冬の間に1人の開催候補を確定する方法を模索しています。 札幌のイベント開催や運営実績が高く評価されるため、今年が行く前に札幌市に有利な決定を下すことができます。

1972年冬季オリンピックを開催した札幌は、早ければ3月に北海道全域で2030年開催の長所と短所を調査するためにアンケートを実施する予定です。 11月に修正された都市開催計画草案には、2,800億円から300円の費用が予想されます。 億(24億~26億ドル)。

IOCは現在、オリンピック開催費用の増加により危機感を感じているため、既存施設の活用と現地承認を非常に重要に考えています。 したがって、札幌アンケート調査の肯定的な結果がIOCの決定に影響を与える可能性があります。

2019年、IOCはオリンピックの誘致を希望する都市の熱気が冷え込みによって開催都市選定手続きを大幅に改編しました。 オリンピック開催の7年前に開催都市を選択するという規則を破棄したIOCの冬と夏の未来開催委員会は、はるかに早く潜在的な開催都市と交流しています。

2021年2月、IOCは2032年夏季オリンピックを開催する主要候補としてオーストラリアのブリスベンを選びました。 その決定は昨年、東京オリンピックを控えて7月のIOC総会で​​批准され、2030年の札幌誘致でも同様の手続きが行われると見られる。

開催に興味があるもう一つの都市、ユタ州ソルトレイクシティは12月にIOCに会い、バンクーバーは2030年の誘致を検討し始めました。 バルセロナとウクライナもいつ開催するかについて具体的でない提案をしました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  セルジオ・ペレスは、レッドブルF1のバーワルテリア・ボットスされる?[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close