村上春樹インタビューPt。 2:戦争中に音楽で話す

Estimated read time 1 min read





村上春樹が2022年4月20日、東京の早稲田国際文学館(村上春樹図書館)で見ることができます。 (写真撮影:高田あずさ)

東京 – 著名な日本小説家村上春樹(73)は、最近2年ぶりに東京で開かれた毎日新聞と一緒にした。 ムラカミが長い間楽しんだり、日本語に翻訳した作品で、アメリカ文学大物F. Scott Fitzgeraldへの憧れから受賞歴のある自分の物語「Drive My Car」を色とりどりのウクライナ戦争に至るまで、様々なテーマで演説しました。 映画、そして小説の執筆の意味。 以下は単独インタビューから抜粋したものです。

毎日新聞:2月にロシアがウクライナを侵攻した後、戦争が勃発しました。 去る3月ラジオ番組「村上ラジオ」で「戦争終止のための音楽」というタイトルの特別放送を放送しました。 特別プログラムを進める動機は何ですか?

村上春樹:その放送で演奏した曲の多くは、私が幼い頃に行われていたベトナム戦争に抗議する反転音楽でした。 そんな音楽が一周するような感じがする。

私の考えはこうだった。 テレビ解説者を含むすべての人々が自分の意見を表現する方法を知っている。 これは良い、悪い、これが正しいと間違っている。 私はそうしたくありませんでした。 だから私は音楽に言わせた。 曲に関する情報をいくつか紹介して演奏しながら、私の意見を言わなかったが、結果的にはよく出てきたと思います。 私は評論家でも評論家でもないので、できるだけ直接的な言葉は避けたいと思います。 私はそれを(私に代わって話すために)何かに任せることが重要だと思います。

MS:第三次世界大戦の可能性について懸念があります。

HM:コロナウイルス(ファンデミック)とウクライナを見ながら、私は世界が時代によって急激な変化を経験していることを感じます。 しかし、私は実話に基づいて小説を書くタイプではなく、その事件による気分の変化を書くタイプなので、時間がかかりそうだ。 私の仕事に反映)。

MS:あなたはロシアに大きなファン層を持っており、あなたの本はウクライナ語に翻訳されています。

HM:ウクライナ語で出版された本は6つあります。 7番目は「将軍を殺す」と契約を結んだが、今は本を出すよりも大きな心配がある。 ウクライナに読者がいてロシアに読者がいるのですが、そんな面を考えると残念です。

MS:あなたの本に基づいた映画「Drive My Car」について話しましょう。 続いてアカデミー最優秀国際長編映画賞を受賞しました。

HM:彼らはかなりのリメイクをとても上手にし、私が原作者であると言われたときはあまり触れませんでした。 私は枠を借りただけで、それ以外は浜口監督(龍介)が自由に映画を作った。 小説とは違うので面白く見ました。

MS:早稲田国際文学館(村上春樹図書館)が東京早稲田大学に開かれて6ヶ月が経ちました。 イラストレーター和田誠(1936-2019)のビニールレコードコレクションを紹介するためにラジオ番組の公開録音を開催する予定です。 (ショーは4月24日、村上ラジオで放送されました。)

HM:Wadaさんの巨大なビニールコレクションを手に入れ、私のお気に入りの音楽を演奏します。 珍しいタイトルも多く、和田さんがすっきりした人だったため、記録はキズ一つなく細心の状態を保っています。 2日にわたって365冊を手に入れ、早稲田大学に「和田誠コレクション」として寄贈されました。

MS:今日、人々は人間や社会が何をすべきか、どこで理想を追求すべきかに対する答えを見つけることがますます困難になっているようです。 そんな時代に文学の役割や小説の役割は何だと思うのか教えていただけますか?

HM:世界がいくら変わっても小説を書くということの意味はストーリーを追うことにあり、それはずっと前から変わっていません。 時代の雰囲気によって物語の性格と過程が少しずつ変わりますが、本質的に私がすることは変わりません。 私は単に物語に従い、それを書いています。 私は個人的にその物語が何を意味するのか、それが何を意味するのか、何を意味するのかわかりません。 しかし、私はそれが何かを表し、何かを意味することを知っています。 重要なことは、読者がそれを(ストーリーで)どのように感知するかということです。

(文化ニュース部大井光一と関優介が作成した日本語オリジナルインタビュー)

READ  Bennedict Mathurin、30点得点でカナダがFIBA U19ワールドカップで日本を制圧
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours