技術

来年1月に発表。 KDDI「ahamo “対抗計画の秘策はこれである(石川ウォン) – Engadget日本版

ソフトバンクがオンライン専用ブランド「SoftBank on LINE」を発表した。 月額2980円で月に30GB。 この設定は、NTTドコモオンライン専用計画」ahamo」とまっすぐ。 いわゆる「一律」というやつだ。

ahamoはあくまでも料金制であり、NTTドコモでは、頑固にサブブランドを作成しようとしなかった。

一方、ソフトバンクは、このモバイルというサブブランドが存在する。 ワイモバイルahamoに対抗するという見方もあったが、ワイモバイルは、すでに距離店が存在しているなど、実際の支援に対応できるブランドがある。 実際のサポートをしながら月額2980円でahamoに対抗するのは無理がある。 結局、ソフトバンクとしては、これまでのオンラインを中心に展開して、他の会社のLINEモバイルを子会社化し、吸収合併してサブブランドで提供することが、ahamo対抗に適していると判断したものである。

絶対に失敗しないKDDIの「秘策」

NTTドコモ、ソフトバンクと相次いでオンライン専用料金プランやブランドを発売する中で、気になるのが、KDDIの傾向である。

KDDIは「来年1月に料金体系を見直し発表をする」とした。

KDDIは10月28日UQのモバイルで20GBで3980円の料金プランを発表したが、武田良太、総務大臣から「主の計画をカットしていないことが問題です。誠意を見せろ」とこぴどく怒られた。 高橋誠社長が、いくつかのメディアのインタビューで、「国が携帯電話料金を決定するわけではない」と述べたと報じされるやいなや、武田総務省から「失望した」と三行半を突きつけられていた。

NTTドコモが「ahamo」を発表した来週Amazonプライムのセットになったプランを発表したが、「ahamo対抗されていない」「割引後の金額が強調されており、不親切」とSNSに大炎上した。

内容的には、従来と変わらないプレゼンテーションテクニックだったが、ahamo以降、世界の空気が変わっていたことを誤読したのが敗因だった。

KDDIでは、1月に予定している対抗プランの発表は、もはや絶対に失敗できない。 おそらくahamoとSoftBank on LINEの内容や発表会を徹底的に調査上げ、インターネットの反響もチェックして、上記の対抗プランを組んでいるのだ。

そんな中、KDDIの対抗プランでのヒントになりそうなのが、10月30日に出てきた「KDDIのオンライン専門のMVNO新会社「KDDI Digital Life」を設立」という報道資料である。

KDDIでは、デジタルネイティブのユーザーのためのMVNOを作ろうと、すでにシンガポールを拠点に実績を持つCircles Asia社のパートナーシップを結んでいる。

つまり、若者を対象としているahamoよりも先に世の中には「KDDIがデジタルネイティブのためのオンラインに特化したMVNOをしています」と宣言したのだった。

KDDIでは、新しいKDDI Digital Lifeという会社を設立。 2021年春のサービス開始に向けた準備を進めている。

「デジタルネイティブのための “”オンライン専門」ということで、おそらくahamoとSoftBank on LINE対抗でKDDI Digital Lifeを担ぎ上げているではないか。 MVNOに準備していたようだが、LINEモバイルのようにKDDI本体に取り込んでしまい、KDDIが提供するブランドとして展開することが期待される。

ahamo競争の鍵を握っているようなCircles Asia社

はCircles Asia社は、どのような会社ですか? Circles Asia社が提供するサービスをチェックしてKDDIによると、「ahamoとSoftBank on LINEの対抗策 “が見えてくるではないか。

Circles Asia社2016年に設立された、シンガポールの安いSIM会社でここ最近急成長している開始である。 引き続き投資家から資金を調達して、現在、シンガポール、台湾、オーストラリアで事業を展開。 他のアジア諸国への進出を狙っている。

日本での展開を考えたとき、KDDIに声をかけたもので、今回のパートナーシップの話を実現した。

Circles Asiaは、携帯電話会社が提供するサービスなどがプラットフォーム化されているのが特徴である。

シンガポールはSingtel、Starhub、M1という職業が存在するが、手頃な価格のSIMでCircles Asia社 “Circles Life」というブランドを提供し始めて3大キャリアが脅かされている。

Circles Lifeは、現在20GBの月28シンガポールドル(約2170円)で提供する。 まさにahamoとSoftBank on LINEが提供する20GBのような設定である。 もちろん、金額的には国によって物価が異なるため、同じではありませんが、良いラインをしている位置付けである。

Circles Lifeはオプションで20シンガポールドル(1550円)を支払うと100GBを追加することができる。

Circles Lifeが人気を集めている背景には、すべてオンラインで簡単に新規契約ができるという点にある。 国際ローミングと国際電話などのオプションも自らチェックして追加するだけだ。

そして、SIMカードが到着したり、eSIMに使用できるようになる。 ちなみに、日本ではeSIMをメインに行く話だったが、KDDIの基本計画がされると、eSIMだけでなく、通常のSIMカードにも対応して来るかもしれない。

政府の要求とahamoとSoftBank on LINEに対抗だけを考えるならば、20GBの計画を提供するだけいいかもしれない。 しかしCircles Lifeを受けているのは、オンラインで気軽に容量を変えることができるという点にある。

KDDIの高橋誠社長はCircles Lifeについて “MVNOだから安いのではなく、実際にはMNOのARPUよりも高い場合もあるようだ。今月はNetflixでドラマを見るためにゆったりデータ量にあったが、見て終わったので、月は少なくしようとし、とすることができる。いろいろなことを試していきたい」を抱負を語っていた。

KDDIが「NTTドコモとソフトバンクの真似っ子」で一律計画されず、毎月2980円、20GBプランを作成する場合、どのようにCircles Lifeを利用して、他社にはない個性を出していくことができるかが重要になって見える。

READ  開発者がGoogleアカウントでロックされた後、StadiaのTerrariaはキャンセル

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close