東が起きる前にM5.2地震で東京ベイエリアが揺れて、数人が負傷

1 min read

日本の気象庁と地方当局によると、木曜日の午前、千葉県や東京市内を含む東京湾周辺地域で規模5.2の地震が発生し、数人が負傷した。

日本の気象庁によると、午前4時16分地震は千葉県木更津で日本震度規模7、木光で5位、東京千代田区と品川区を含む地域で4位の地震を記録しました。 津波警報は発令されませんでした。

2023年5月11日明け方の地震以降、千葉県木更津の瓦が床に散らばっている。 (刑務所)

出典:日本気象庁

所属事務所は5位を多くの人々が歩きにくい状況と定義している。 2012年3月以降、千葉県で震度5度の地震が発生したのは今回が初めてだ。

木更津では家屋3軒の瓦が落ちて地面に散らばり、建物の窓は揺れでひび割れた。

千葉県で70代の女性2人が軽い負傷を負った。 隣接する神奈川県でももう2人がけがをしました。 一人の女性が家から転倒し、一人の男性が寝て棚から落ちる照明器具に頭を当てた。 東京では死傷者の即時報告はありませんでした。

千葉県を含め、東京と近隣地域で約3000台のエレベーターが止まったが、中に閉じ込められた人はいなかったと主なビル施設管理会社である日立ビルシステムズ(Hitachi Building Systems Co.)が明らかにした。 エレベーターを再開する作業は午前11時までにほぼ完了しました。

多くのエレベーターが地震検知の後に自動的に停止しました。 東京に本社を置くElevator Systems Co.によると、高層コンドミニアムビルのエレベーターが主に影響を受けています。

ほとんどの列車の路線は最初のサービスから通常通り運行され、朝の通勤者に大きな混乱はありませんでした。

JMAは、約1週間で最大5つの地震が発生する可能性があると警告しました。

木曜日の地震は、千葉市三浜区と東京南横浜と川崎の一部区で4と測定された。

千葉県南部の水深約40kmで発源しました。 この機関は当初の規模を5.4と報告したが、その後5.2に修正した。

2023年5月11日夜明け地震後、千葉県JR木更津駅でひびの入った列車運賃表が描かれています。 (京都)

2023年5月11日夜明けの地震後、千葉県JR木更津駅で列車運行停止案内が表示されます。 (刑務所)


関連プレス:

写真の中:日本中部大震災による被害


READ  ビデンとゼルンスキーは、戦争が始まった後、ウクライナ大統領の最初の海外巡回のためにワシントンで会う予定です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours