経済

東アジアの「イカゲーム」経済

Netflixのディストピア韓国ドラマ「イカゲーム」は、世​​界で最も視聴されているテレビシリーズの一つです。 2020年アカデミー授賞式で作品賞を受賞した「寄生虫」のように「イカゲーム」はますます広がる韓国の貧富の格差を照明する。 現時点ではほとんどではありませんが、多くの先進国に同様のギャップがあります。

過去、韓国の高成長と低い不平等が「東アジアの奇跡」の中心だったため、韓国がこのような不平等に苦しんでいるということが恥ずかしく見えるかもしれない。 1960年から1990年の間、この地域の経済は先進国の経済成長が最初は不平等を悪化させるが、継続的な拡大によって不平等を減少させるといういわゆるクズネツ仮説を支持した。 しかし、この均等化の成長は2000年代初頭に止まりました。

今日、韓国の資本主義はもっと有害なようです。 それはおそらく、弱い投資、ゆっくりとした成長、そして高い不平等に関連する自由主義的なアングロサクソンモデルと収束しているからです。 事実、最近のデータによると、韓国と日本は共にアングロサクソン陣営に収束しています。 例えば、上位10%が占める国民所得の分け前は世界的に増加したが、特に米国と東アジアで増加しました。 2010年代には米国が45%以上で最も高い割合を見せ、韓国(45%)と日本(40%)がその後に続いた。

融合論文へのさらなる支援は、世界不平等研究所によって作成された世界不平等報告書2022に記載されています。 報告書によると、韓国の一人当たりの所得(購入力評価基準)は33,000ユーロ(37,250ドル)でイギリス(32,700ユーロ)に似ており、フランス(36,300ユーロ)よりはやや低いがイタリア(36,300ユーロ)よりは高い。 €29,100)または日本(€30,500)。 しかし、所得不平等に関しては、韓国の上位10%が下位50%の平均所得より14倍多いです。 これはイタリア(8倍)よりアメリカ(17倍)または日本(13倍)の倍数に近いです。 )、フランス(7回)、スウェーデン(6回)。

さらに、韓国の国内総生産(GDP)の成長率は過去20年間で徐々に減少し、日本の経験を模倣しました。 1980年代と1990年代に年6~7%の経済成長を遂げ、2000年代初頭には5%以内、2000年代後半には3.7%、2010年代初頭には3.4%、2010年代初頭には2.8%まで落ちた。 2010年代後半。 私の同僚であるキム・セジク氏は、韓国の潜在GDP成長率が5年ごとに1%ポイントずつ減少するという「法律」を出すまでしました。

東アジア経済が米国モデルに収束するのはなぜですか? 1つの答えは、米国の資本主義の長年の重要な特徴である金融化かもしれません。 金融部門は、GDPの増加分を説明し、配当金の支払いが再投資された企業利益を超えています。

韓国が1997年の通貨危機当時、国際通貨基金(IMF)救済金融の条件で金融化を施行した後、韓国の経済モデルは米国式株主資本主義に追い込まれた。 韓国の最初の改革の1つは、再投資のための利益を維持する東アジアの既存の慣行とは異なり、自己株式の購入を禁止し、より多くの配当金を支払うことを奨励する金融市場の急進的な開放でした。

その結果、韓国のGDPで投資が占める割合が5%ポイント減少し、国内成長と雇用創出が減少しました。 一方、韓国株式で外国人が占める割合は、1990年代半ば5%未満から2000年代初頭約40%まで上昇した。

多くの人々が長い間、配当金の支払いを企業価値評価で「韓国の割引」の1つの理由と考えてきましたが、サムスンのような主要企業は現在、純利益の約40%を株主に支払うことによって米国のアプローチを採用しています。 そして2017年、サムスンは毎年ではなく四半期ごとに配当金を支払い始めました。 年間配当金がかつてアングロサクソン族短期主義より東アジア資本主義の美徳とされていた点を勘案すれば大きな変化です。

しかし、東アジアの資本主義はバランスを再調整する必要があります。 ここでは、政策立案者は、株主資本主義の悪影響を抑制するためにいくつかの改革を始めたヨーロッパで学ぶことができます。 たとえば、2015年に、欧州議会は、欧州連合内の企業が2年以上株式を保有している株主により多くの議決権を付与したり、より高い配当金を支払うことを可能にする企業支配構造改革を制定しました。

同様に、米国は、新しく上場した会社が創設者に特別な議決権を与える二重クラスの株式を発行することを許可しています。 これにより、GoogleやFacebookをはじめとする多くのハイテク企業が長期的な経営観を持ち、革新的で新しいプロジェクトを積極的に推進できるようになりました。

こうした恩恵は、韓国の電子商取引プラットフォームであるクパンが今年初め、国内コスダック市場ではなくニューヨーク証券取引所に上場することに決めた理由を部分的に説明する。 その結果、韓国の国会はついに大企業や財閥ではなくスタートアップや中小企業が二重種族株式を発行できるようにする長年延期された法案を通過させようとしている。

東アジア諸国は、COVID-19危機を金融化を抑制し、以前に高い成長とより大きな公平性をもたらした製造業能力を回復することによって、経済を再編する機会と考えるべきです。 しかし、単に過去に戻るよりも、地域経済は株主および利害関係者モデルの要素を含むハイブリッドモデルに対応する必要があります。 このような改革はまた、韓国企業部門が強く支持する環境、社会および支配構造原則のグローバル採用とも一致します。

アングロサクソン資本主義では、東アジアの収束は衝撃的に見えるかもしれませんが、データは嘘をつきません。 しかし、政策立案者は、正しい措置を講じることによって、最近の画面描写が示唆するよりも、地域の経済的未来がより明るくなるのを助けることができます。

イ・グン大統領は国民経済諮問会の副議長で、ソウル大経済学科の座席教授だ。 ©プロジェクトシンジケート、2021

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本、緊急事態の終了後、徐々に経済再開

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close