東アジアスーパーリーグ、日本チャンピオンスウィークで開幕

1 min read

東アジアスーパーリーグがシーズン1を開始する3月、日本で開催される初のチャンピオンズウィークに合わせてワールドカップ開催地である沖縄でプレトーナメントが開かれる。

EASL主催側は、水曜日に8チームすべてが3月1日から5日まで日本でチャンピオンズウィークに参加すると述べた。 チャンピオンシップ競技と琉球ゴールデンキングスが主催する3,4位のプレイオフは、バスケットボールワールドカップの開幕期間中にゲームを開催するスタジアムで行われます。 来年8月25日。

日本国内リーグチャンピオンの宇都宮ブレックスが組別リーグ初の6試合を、琉球ゴールデンキングスが組別リーグ2試合とプレーオフを行うなど合計10試合が行われる。

「EASLは東アジアのバスケットボールのハブになり、地域最高のクラブチームをエリート大会に集めることができて光栄です」とEASLのMatt Beyer会長が語った。 「日本で開催されるEASLチャンピオンズウィークは、ファンに猛烈なゲーム活動を提供し、地元のリーグとプロチームが世界中で公開されるプラットフォームを提供します」

8チームリーグには、日本、韓国、フィリピンリーグの優勝チームと準優勝チームはもちろん、台湾チャンピオンと中華圏を代表するクラブであるBay Area Dragonsが参加します。 ドラゴンズはシーズン1を控えてマニラに拠点を置いており、フィリピンリーグでも行われます。

汎地域EASLは発足シーズンを網羅するリアリティシリーズ制作を開始し、チャンピオンズウィークをベースに20分のエピソード5編を制作する計画だ。

韓国映画監督ジョン・リー(John H. Lee)がこのプロジェクトに参加し、元NBAスター・スティーブ・ナッシュが所有するCTRLメディアの取締役であるエズラ・ホランド総括プロデューサーと協力しています。

フィリピンで最も成功したバスケットボールクラブであり、国内リーグで唯一残っているオリジナルフランチャイズであるSan Miguel BeermenとTNT Tropang GigaがEASLのシーズン1に登場します。

PBAコミッショナーのWillie Marcialは、「最高のチームが東アジアのスーパーリーグ大会で競争するために日本に向かうのを見たいと思います」と述べました。 「私たちも日本でフィリピン選手やバスケットボールの人気が高まることをよく知っており、チャンピオンシップのために力強く走る準備ができています。」

キム・ヒオク韓国バスケットボール連盟コミッショナーは今回のチャンピオンズウィークが「EASLの安定的かつ安定的な運営のための土台になることを願う」と話した。

EASL主催側は来年末、8チームのホーム&アウェイ形式を開始し、2024年シーズン3には16チームに拡張する予定です。

___

その他のAPアジアスポーツ:https://apnews.com/hub/sports-asiaとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  木田はミッションを持ってアメリカに向かいます。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours