東京がコロナウイルスの波に勝つ方法

1 min read

伝染病ではなく、健康を重視する日本で使用率が高い顔のマスクも伝染を制限する要因であった。 波がピークに達する幸運なタイミングも同じだった。

日本、特に東京の夏は暑く、非常に暖かいです。 世界で最も人口密度の高い都市の一つである30度以上の気温は、人々はしばしば室内にあり、エアコンはついているが、窓は開かないことを意味します。

Oshitaniは “しかし、9月には、かなり快適です。天気はより寒いが窓を開くことができ外食をすることをお勧めです」と言いました。

昨年、日本でも同じ現象が起こった。 事例は、屋内電波の機会が少なく、日本イベントカレンダー9月と10月は静かな月でした。 8月中旬のお盆(Obon)のような祭りに比べてお酒を飲む機会や大家族との集まりが少なくなります。

12月に年末ボーネンカイパーティーシーズンが開始され、冬の祭りが再び室内で楽しければ再び発症すると心配しているOshitaniは「長い連休があるたびに、患者が増加していることを表示します。」と言いました。

低迷開始以来 – 日本のワクチン発売は8月から急激に増加しており、特に60歳未満の人は真剣に痛い可能性が少ないが、旅をして、家族や友人と一緒に過ごすために、ほとんどの事例を説明する可能性があります。 。

その時期は、人口の60%が9月末までに完全に予防接種を受けたことを意味し、病気に対する抵抗力が最高潮に達したときの発生率が減少しました。 より低い数値は検査数が減った結果ではなく、両性に戻った検査の割合は7月、東京の10%から金曜日0.6%に急落しました。

Oshitaniは「今回の発症は、以前よりもはるかに大きかったです。 “正式に東京で発生した今回の発症の間に、20〜29歳の人口の約3%が確認された事例で確認された。 しかし、実際の数字はそれより3〜4倍の多いでしょう。 つまり、おそらく若い人たちの10%以上が感染してい、今は自然感染に対する免疫が残っているということを意味します。」

日本はスイートスポットにいるようです。 季節、制限、および予防接種の間に挟まCOVID-19波は、最終的にヒットする必要がしました。

菅義偉前首相信用取引:AP

残念ながら、菅義偉前首相は、それが十分に速く来ていない。 72歳の彼は、自分のリーダーシップのスタイルは、COVID-19とオリンピック処理により支持率が30台に落ちた後、9月に党代表を辞任しました。

東京政策研究財団の加藤小乗る “彼には運がなかった。 彼は「首相に残っても、当時の自民党選挙で勝つことができなかった」と語った。

10月31日、日本を総選挙に出馬することになる自民党の代表的な岸田文雄(Kishida Fumio)の後継者が指揮を取っています。 「自民党に肯定的な影響を与えると思います。

ロード中

日本で新たに発見された楽観論にもかかわらず、ワクチンキャンペーンを遅く開始し、現在、高レベルの適用範囲に到達しているオーストラリアおよびその他の国の警告があります。 海外経験のためにブースタープログラムの起動時にスケジュールを再構築する必要があります。

Oshitaniは「免疫弱体化が主要な問題となっています。」と、日本は、ほとんどの追加プログラムについて示されている6ヶ月ではなく、先に接種を受けた高齢者で3ヶ月後にワクチン弱体化を検出し始めたました。

日本は人口の29%が65歳以上の世界最速の高齢化国です。 日本の医療専門家は、高齢者の間でCOVID-19の発展の影響をよく知っています。

Oshitaniは「日本では、高齢者の間でより多くの画期的な感染が発生し、同じ現象を見始めました。

Oshitaniは、地域の仲間たちと定期的に話をします。 木曜日に彼シンガポール国立感染症センター(National Center for Infectious Disease)と話しました。 この都市国家は、住民の85%が完全に予防接種を受けたにもかかわらず、毎日3000件の事例が増加しているのを見ています。 多くの高齢者の5月までにワクチンを完全に接種しました。

彼は「免疫力の弱体化は、おそらく主要な要因であることを明らかに示している」と述べた。

「多分それは彼らが英国と英国で増加する数字を見ている理由である。 接種率が高くても2次接種後3ヶ月程度で効果が落ちている」と述べた。

東京・渋谷にある「ハブモアカレー」の所有者松崎陽平。

東京・渋谷にある「ハブモアカレー」の所有者松崎陽平。 信用取引:クリストファー州

企業は、音をされて懐疑的です。 speakeasyバーJeremiah Tokyoの所有者であるKeisuke Yamamotoは規制緩和を期待している言いました。 しかし、多くの人々が外出を恐れているようだ」と話した。

渋谷でHave More Curryレストランを運営するYohei Matsuzakiは急激な減少に驚いました。

彼は “すぐに冬が来ており、また、他の波が来ることができる」と述べた。 “のような緊急事態が繰り返しても驚かないでしょう。」

クリストファー州と

私たち外国からの直接メモ受信 特派員 全世界のヘッドラインを飾っていることについて。 ここで毎週What in the Worldニュースレターに登録してください。

READ  日本保健パネル、メルクの経口用コロナ19治療剤承認
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours