エンターテインメント

東京で「慰安婦」像が登場する芸術イベント

東京で「慰安婦」像が登場する芸術イベント

記者たちが土曜日、日本東京外郭国立で開かれた第二次世界大戦中、日本軍性奴隷として服務した「慰安婦」銅像展示試写会に参加している。 (写真説明:AFP)

日本軍慰安婦慰安所で働いた「慰安婦」を象徴する銅像などの作品を展示した論議の美術展示会が右翼活動家たちの反発で約10ヶ月間延期された末に土曜日ついに東京で開幕した。

郊外国立市で4日間開かれる「表現の自由のない展示会」では、「検閲と自我」というタグで政府支援ギャラリーで自分の作品を展示できなかった16人のアーティスト集団の作品を披露する予定です。 -禁止令を下した。

当時「表現の自由以後」というタイトルの展示会は、脅威の対象となった名古屋で2019年8月3日ぶりに閉幕した。 その後、10月に再び7日間、より厳しいセキュリティと限られた人員に再開しました。

この最新イベントは、もともと昨年6月から7月まで東京中心街の新宿で開かれる予定だったが、デモ隊がメガホンを通じて展示会を「反日」と非難するため、イベント会場近くの車両に集まって演技された。

組織委員である岡本優香(Yuka Okamoto)は「いよいよ人々が実際に展示を見る機会を作ることができてとても嬉しいです」と話しました。 「私たちはこれを実現するためにあらゆる努力をしました。」

主催側は弁護士とボランティアの助けを借りて、今回可能なデモに対応する準備ができていると述べた。

展示に反対する人たちが会場の周りに集まって、ヒロヒト一王をテーマにした作品を批判する日記が付いたマイクを持った男性が見えた。 彼は「人々の感情を傷つける」と話した。

この日の行事には20人余りが参加し、「表現の自由を支持する」というプラカードを持って参加したりもした。

昨年7月、名古屋で開かれた同様の展示会は開幕二日ぶりにイベント場で受賞した小包が爆発して取り消された。

今月末、繰り返しの脅威とデモにもかかわらず、厳しいセキュリティの下で大阪で別の議論の芸術イベントが開かれました。

大阪のある公共施設は、セキュリティ確保が難しいという理由で展示会の開催許可を撤回したが、日本裁判所が表現の自由を保護するために許可を出して行事が進められた。

READ  「モーニングショー」が再び "コロナ煽り"!? 視聴者は、怒りの声が... - まいじつ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close