東京で少なくとも5つの取引が締結される予定

Estimated read time 1 min read

東京 – 東南アジア国家連合(ASEAN) – 日本特別首脳会談とは別に、日本企業と5つ以上の事業契約が締結されると予想されると貿易部が昨日明らかにした。

首脳会談に出席したフィリピン代表団の一員であるアルフレド・パスクアル貿易長官は、了解覚書(MOU)締結は、企業グループがフィリピンに投資する上で真面目を示していると述べた。

マルコス大統領がここを訪問している間にどのように多くのビジネス取引が実現するか尋ねたとき、貿易責任者は「確かに5つ以上です」と言いました。

「フィリピンに投資するという関心の表現であり、日本企業の表現だ。 一部はフィリピン企業と日本企業の間のMOUです。 私はこれについての詳細を議論したくありません。 おそらく月曜日に議論するだろう」と付け加えた。

しかし、先週のメディアブリーフィングでは、ダニエルエスピリトゥ外務次官は、署名される新しい協定には、創造と情報技術の分野に関する協定が含まれていると述べた。

Pascualは、政府がより高い品質とより良い賃金を受け取る仕事を生み出すためにフィリピンで事業を運営する外国人投資家を招待していると述べた。

広告する

続行するにはスクロールしてください。

「これは県政府の政策の一部です。 私たちは外国人投資家を国内に招待しています。 日本投資を歓迎します。 彼らはフィリピンで事業を運営するすべての国籍の中で最大の投資家の一人です」と彼は言いました。

マルコス大統領は今回の首脳会談に出席する日本を訪問中だ。 彼の東京訪問は2022年大統領就任以来、19番目の海外順方だ。

政府資料によると昨年フィリピンと日本の総貿易額は234億9000万ドルで、2021年218億3000万ドルより10.9%増加した。

日本はまた、2022年にフィリピンの2番目に大きな貿易パートナーです。 大統領通信文によると、日本への投資を促進するための優先分野には、製造、情報技術 – ビジネスプロセス管理、電子設計サービス、民間パートナーシッププロジェクト、農業関連企業および養殖業が含まれます。 オフィス。

日本は2022年フィリピンの2番目の輸出国であり、3番目の輸入国であり、2023年6月現在フィリピンの最大公的開発支援局である。

マルコスの訪韓に対する批判に対して、パスクアルは、大統領の順番の中で約束したわけではなく、実現される投資があると述べた。

「各旅行が終わるたびに特定の投資リードを発表しますが、実際にはリストにないことに加えて、より多くのことが起こっています。 我々は、経済説明を進め、その過程で私たちが国内で提供すべき事項を説明するのに参加者は聞きたいが、投資への関心や約束を表現していない人々だ」と貿易責任者は述べた。 。

「確かに彼らの多くは、議論中に自信を持って研究結果を確認した後、私たちの投資リードリストに含まれます。ご存知のように、BOI(投資委員会)とPEZAで承認されています。 (フィリピン経済特区庁)は大統領訪問リストにある企業や投資に限定されない」とパスクアルは指摘した。

彼は投資誘致のアイデアは、単にMOUを締結したり意向書を受け取ったりするのではなく、「より多くの聴衆を招待して」フィリピンを見て、自分の投資がフィリピンでどのように強力な可能性を持つことができるかを自分で決めることだと説明しました。

「私たちが特定の国にいる間、実際に関心を表明した人々に加えて、より多くの人がいるでしょう、そしてもっと多くの人がいるでしょう」と彼は付け加えました。

マーティン・ロムアルデス議長にとって、大統領の日本訪問はフィリピンと全ASEAN地域の安全保障、平和、発展に非常に重要です。

彼は声明で「この画期的なイベントにマルコス大統領が参加したことは、日本との関係を強化し、ASEANブロック内の共同パートナーシップをさらに向上させようとするフィリピンの確固たる意志を示す強力な象徴」と述べた。

彼は今回の首脳会談が「過去の成果を祝うだけでなく、私たちの地域のより明るく繁栄する未来を計画するユニークな機会を提供する」と付け加えました。

大統領の公式代表団の一員であるロムアルデスは、大統領が日本とフィリピンの経済協力の強化を含む主要な地域問題に関する重要な議論を進めるために重要な役割を果たすことを望んでいると述べた。

彼は、Marcosがインフラ開発、再生可能エネルギー、デジタル移行に優先順位を付けることは、日本の「地域の専門知識と戦略的投資」と完全に一致していると述べた。

「私たちが共有する歴史、文化的絆、平和で繁栄する地域への共同の願望は、このパートナーシップの強力な基盤を形成します」と彼は主張しました。

議長は今回の首脳会談がASEAN-日本関係を再定義し、皆のための進歩と繁栄の新しい時代を開くことができる「膨大な可能性」を盛り込んでいると付け加えました。 — シラ・クリソストモ

READ  hakuhodo:日本の広告共同HakuhodoがMA&THで51%を占めました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours