エンターテインメント

東京のオリンピック建築物:見よ、いや鳥の巣… | 建築物

以上オリンピックが猫によって舞台上を走る帽子? 本当に危険です。 最近東京の新宿駅から行き来する乗客のために新たに設置された看板でオンアルイをし振る3Dアニメーション巨大キャラコ生物に対してかなりの関心を呼びました。 1年遅れて7月23日に開かれる予定の都市のオリンピックでの建築提案についても同様の興奮を検出することは困難である。

1964年に開かれたこの都市の最後のオリンピックの影響と一致することもありません。 ニューヨーク・タイムズ、「民主主義的な戦後日本のデビュー “、”東京の20年の間に炎に包まれた廃墟で超近代的な巨大都市での変貌」をあしらったもの。 それは建設設計、スポーツの祭典でした。 目立つオリンピック施設だけでなく、東京をコンプライアンスのバージョンの東京で作られた高価なもでした。 ブレードランナー それが今日であり、日本の有名な新幹線の最初のです。

オリンピックの建築的スターは、元の丹下健三(Kenzo Tange)が設計した代々木国立体育館(Yoyogi National Gymnasium)で水泳やダイビング、​​カンチレバーとぶら下がっ屋根、空中に浮いているコンクリートの驚くべき不思議のために設計されました。 今建てたならまだ「未来的」と描写されています。 これは、高物体オリンピック建築の概念に新しい形とエネルギーを与え、他の都市にも従いました。 1972年ミュンヘンは、別のフローティング物体をもたらした。 建築家であり、エンジニアであるFrei Ottoが作ったテントのような競技場です。 Beijing 2008には、Bird’s Nestがありました。 London 2012には、Zaha HadidがデザインしたAquatics Centreがありました。

東京2020は、歴史の中で最も悲しいオリンピックになる危険性があります。 ファンデミクの状態は、選手がほとんど空の場所で公演することを意味し、少なくとも観客は真夏の日本の恐ろしい暑さと湿度を節約することができます。 急増するオリンピック予算の4年連続の劇場は、新たなレベルに達している。 いくつかの推定値は、元の予算52億6000万ポンドで187億5000万ポンドと推定しました。 最近の世論調査で、日本人の83%が煙やキャンセルをしたいと述べた。

同じ感染症が原因で新しい場所を実際に見るがうるさい万6,000マイルの距離で、彼らはほとんど号険しく粗野し、企業的で火花が不足見えます。 日本の活気に満ちた慣行の一つであるAtelier Bow-WowのYoshiharu Tsukamotoは「私たちの独立芸術家たちは、 禁止と完全に削除 デザイナーのリストから。 彼らは大企業、建設会社と一緒に働く企業を望んでいる。 独立建築家には機会がありません。」

「信じられないほどの驚異」:丹下健三の1964年代々木国立競技場、2020年東京ハンドボール、バドミントンと車椅子ラグビー競技場での用途が変更されました。 写真:東京2020組織/ AFP /ゲッティイメージズ

その莫大な支出がどこへ行っても、建築発明に入ったようには見えません。 しかし、まだ銀の裏地があります。 東京2020は、オリンピックがついに華やかな建築トロフィーから抜け出していることを意味するなら、歓迎すべき変化を示すことができます。 TangとOttoなどはこの世の栄光の瞬間をプレゼントしたが、ほぼ60年が過ぎた今は確かに建築の美しさを実現する他の方法を見つける必要があるときです。

単調なデザインのための表彰台の上にグレーと格子柄がある一般的なグローバルアパートのブロックのアンサンブルであるオリンピック村があります。 雑貨店、カフェ、メディアセンターがある運動選手。 カラマツ、スギやヒノキは日本全域の63市町村で調達しており、公式の広告のコピーによると、「公共のベンチや学校の建物の一部」として使用できるように返されます。 ここまでは大丈夫ですが、周辺の膨大な既存のブロックの横に明らかにトークン的に見えます。

東京オリンピック村。
東京オリンピックビレッジ:「単調なデザインのための単相」。 写真:Behrouz Mehri / AFP /ゲッティイメージズ

最もクールな新建物は68,000席規模の国立競技場です。 この建物は、英国で最も有名なDundeeのV&A博物館で有名な建築家Kengo Kumaが設計し、Zaha Hadid Architectsのより野心的なデザイン価格が13億ポンドを超え廃棄されたとき、東京コミッションを獲得した。 まだ12億ポンドの費用がかからないKumaのバージョンは、「生きている木」として描かれます。 建築時に多くの木材を使用して、突出した水平方向に囲まれており、伝統的な日本建築の突出した庇を連想させるします。 滑らかな、または画期的ではなく部分がよく交わる部分がぎこちないですが、全体的によくできました。

そうでなければ、以前のオリンピックでおなじみの種類の突出した曲線の合理的に有能なエッセイである部分的に木材を使用している有明体操センターがあります。 Yamashita SekkeiとKenzo Tangeの息子であるPaul Noritaka Tangeの功労が認められたAquatics Centreは、1960年代の熱帯国の大使館や米国中西部の大学の図書館のように見える傾斜板金の繰り返されるリズムがある逆さまになった部分ピラミッドです。 有明アリーナ(バレーボールとパラリンピックバスケットボール)は、別の部分のピラミッドで、凹面屋根があり、実行に情熱がありません。 武蔵野フォレストスポーツプラザ(バドミントン、フェンシング、車いすバスケットボール)は、まるで誰かがシドニーオペラハウスを模倣しようとしましたが、途中で心を失ったかのように奇異に反り切らアーチ型の屋根があります。

一般的に、オリンピックの希望という古い例えが出ます。 壁の傾斜、屋根のカーブ、構造物がぐるぐる回るのは、将来的に重力が他の方法で作用することを示唆している無限の進歩のイメージです。 日本の伝統的な建築の迫り来る言及があります。 持続可能性のための新たな合図が古いレパートリーは、特に流行している木材の使用に追加されました。 これらの建物の特性の多くは、建築家が2番目のバイオリンを演奏しなければなら日本の強力な建設会社で提供しているという事実によって決定されます。 契約者は、詳細についての最終決定権を持つ傾向があるので、結果的に寿命が短くなります。

東京武蔵野フォレストスポーツプラザ。
「誰かがシドニー・オペラハウスをエミュレートしようとしたが、心を失ったかのように「:武蔵野フォレストスポーツプラザ、東京、日本。 写真:山中徹/ AFP /ゲッティイメージズ

以前競技場のデザインのキャンセルは、建築学的相に関してハディド形の穴があることを意味します。 2020東京オリンピックのためにハンドボールとパラリンピックバドミントン、ラグビーのために用途を変更した丹下健三の代々木ビルは57年が過ぎた後でも、オリンピックの最も魅力的な建築作品になりそうです。 しかし、ここで希望の作品があります。 例えば高架道路と同じ1964年の多くのもののように、完全に新しいジェスチャーアーキテクチャは、それよりも今はより疑わしく見えます。 彼らHadid競技場のための余分な現金を発見したとしても、それは本質的にTangeが数年前に探索していた曲線型反重力のテーマを再処理したものです。

建設の世界は新しい建築物の建設が莫大なエネルギーと資源を消費することによって 古いものを再利用するための強力な主張 いつでも可能なとき。 東京2020の最も強力な建築アイコンが3年後に無料のバス利用権を受けることが悪いことはありません。

実際には、今回のオリンピックの42個スタジアムのうち、34個は古い建物を再利用したものです。 莫大な予算がどこに行ったの謎が残っていても歓迎します。 2024年のオリンピック開催地であるパリは、最前列の95%が、既存または一時競技場となり、「炭素排出量は、夏季オリンピックの過去二度に比べて半分に減るだろう」と約束しました。 次の課題は、改造工事を魅力的楽しくすることです。 そうすることができます。 それ以外の場合Tokyo 2020で提起する猫挑戦が続いプロクターとなります。

READ  アニメ「ヘタリアWorld★Stars」が2021年春に始動! イタリアの駅の浪川大輔、ドイツ駅・安元洋貴などキャスト陣から喜びのコメント到着| PASH! PLUS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close