経済

東京の劇場とテーマパークが条件に応じて再開枚

東京の一部の劇場とテーマパークは、政府の大流行の3番目の緊急事態に応じてコロナウイルス感染を予防するために徹底した対策を取りながら、先週、条件付きでオープンし始めました。

東京と大阪、京都、兵庫県の緊急事態は、最初の火曜日に期限切れになる予定です。 しかし、延長されて、愛知中部県福岡南西県水曜日にリストに追加されました。 現在、6つの県をカバーしている緊急事態は、5月31日まで行われる予定である。

先週改造施設の中には渋谷区にある東京新国立劇場があります。 演劇を楽しむために単独で劇場に来た千葉県松戸市出身の47歳の女性は、「演劇をすることになって嬉しい。 静か見家に帰るよ。」

横浜出身の70歳のYukie Takahamaは博物館の継続的な閉鎖要求に対して劇場や博物館は、参加者が沈黙するという点で同じであると述べた。 「当局は間違った方法で線を引いた」と彼女は言った。

東京浅草地域のテーマパーク花やしきが18日ぶりに運営を再開しました。 しかし、公園では酒類の販売を禁止されており、訪問者はそのような飲み物を持ち込まないように要請しました。 花やしき職員も観光客にマスクを正しく着用することを要請しました。

2歳の少年と一緒に一つ屋敷を訪れた東京墨田区の31歳の会社員は、2ヶ月ぶりにテーマパークに来たと述べた。 「いよいよやった。」彼は笑って言った。

一方、名古屋の百貨店は、買い物客ににぎわった。

市内から来た86歳の女性相川たか子が既製品を買いに店に来ました。

「デパートで買い物するのは楽しいです。 他の場所では買うことができないものがあります。」彼女は緊急事態でも店が開いていることを歓迎した。

家の修理に必要な物品を購入するためにデパートを訪れた名古屋出身の北村時(79歳)も「感染事例が(過去1年の間に)減少していない」と述べた。

福岡県では、お酒とカラオケサービスを提供するレストラン、バー、その他の施設が緊急状況に応じてドアを閉めることを求められています。 県で最大の歓楽街中洲は水曜日に静かだった。

34歳の izakaya 中洲のバーは、お酒を飲みに来た客を無視しました。 居酒屋が酒を提供していないのは初めてでした。 「これだけのお金を失うことになります。」とマネージャーは言った。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  新型登場ラッシュ価格急落! レクサスIS LS GS中古車市場に大波乱!

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close