東京の最新エンターテイメントコンプレックス生活 | Metropolis Japan

1 min read

世界で最も人気のあるエンターテイメントの中心地の一つとして知られている歌舞伎町は、今日の新宿と歌舞伎町地域を形成するのに役立つ豊かな文化の歴史を持っています。 高さ250mの巨大な柱が広がる賑やかな光とスリルの中で新たに扉を開けたTOKYU KABUKICHO TOWERは、TOKYU CORPORATIONとTOKYU RECREATION CO., LTDが運営しています。 タワーは4月14日に一般に公開され、ホテルは5月19日にオープンし、忘れられないエンターテイメント体験をすることができます。 この塔は娯楽目的で建てられただけでなく、歌舞伎町の重要性を強調し、新宿の現代文化を世界に知らせるために建てられました。 その建築は、その地域の文化と歴史の灯台の役割を果たすために、基礎から絶頂に至るまで緻密に計画されました。

タワーのデザインは、顧客の既存の関心事に応えるだけでなく、新しい関心事の開発を促進する没入型の経験を提供します。 さまざまなオプションを利用できるこの48階の高層ビルは、すべてのための何かを持っています。 1階ペントハウス、HOTEL GROOVE SHINJUKUとBELLUSTAR TOKYOの2ホテル、映画館、劇場、ライブ公演のある地下5階、美術展示会などを備えています。 塔全体に展示された芸術作品は、現代美術ギャラリーであるANOMALYと愛知県立美術館館長のMasahiko Haitoの指導の下、キュレーションされた作品制作の重要な側面でした。

様々なメディアと年齢の26人の日本芸術家たちがこの地域文化の有形心臓に集まり、彼らの作品を通じて独創性と職人技を見せました。 各芸術作品はタワー全体に慎重に配置され、地域のユニークな用途を提供します。 例えば地下2階に位置 地球のエコー、浅井ゆすけ(Yusuke Asai)の複雑で多様な色合いのアンバー壁画。 作品は東急歌舞伎町タワー建設中に採取した土と新宿や日本周辺地域で制作されました。 45階では、訪問者は魅惑的です 重力と恵み:Lucidus(Lucida) 大牧真司が作った照明器具は、直径250cmの1つはレストランを占め、もう1つはバーの直径150cmの2つの金属球を特徴としています。 ぶら下がっている照明器具は、歌舞伎町の水生の歴史に触発され、渦巻き模様のパターンと花のモチーフが照明のあるすべての表面に投影され、訪問者に天国でユニークな食事体験を与えます。

浅井ゆすけの大地のエコー

芸術は超高層ビルの外のデザインと一緒にタワーの外でも可能です。 世界的に有名な建築家長山優子のデザインは、歌舞伎町地域の最も象徴的な要素の一つである水に触発されました。 地面から空にエネルギーを引き付ける目的で設計されたタワーは、 セイガイハ、伝統的な和風波モチーフが外部全体に統合されました。 訪問者は、窓やアーチ型の窓などの磁器模様からこのモチーフを見ることができます。

TOKYU KABUKICHO TOWERはエンターテイメント複合施設だけでなく、文化の中心地であり、アートコレクションでもあります。 デザインのそれぞれのユニークなディテールはタワーの完全性に不可欠であり、歌舞伎町と新宿の本質を反映しています。 視覚的にも物理的にその地域の文化を体験する能力は、タワーを体験できる特別な場所にします。

東急歌舞伎町タワーの詳細については、以下をご覧ください。 公式ウェブサイト

READ  2023年最高のアクションブロックバスター日本映画
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours