スポーツ

東京の猛暑が電源の恐怖を引き起こすにつれて、何百万人もの人々が照明を消すよう指示されました。

「異常に強烈な」猛暑で電源が減るにつれて、東京の何百万人もの人々が電気を節約するためにランプを消す必要があります。

日本の管理者たちは、土曜日に首都から北西に53マイル離れた伊勢崎で、気温が記録的な40.2C(104.4F)(6月史上最高値)まで上昇した後、電気需要が急増していると述べた。

週末の間、東京から250人以上が熱中症で病院に運ばれたことが知られ、人々はエアコンを「適切に」使用するように求められました。

北西に約12マイル離れた川越市のエアコンのない部屋で、94歳の男性が熱中症で疑われ死亡しました。

日本の気象庁と環境省は、土曜日、日本の47都道府県のうち6つの都道府県に熱中症警報を発令し、人々に暑さを冷やすことを勧告した。

経済通商産業省(METI)は、首都とその周辺に住む人々に、午後3時から6時、特に午後4時から5時の間に電力を節約するよう求めました。

METIは声明を通じて「使用しない電灯を消すなど、電力を最大限節約してほしい」と呼びかけた。

METIの電力供給政策責任者である川名川名は次のように付け加えた。

「協力して電力を最大限に惜しんでください。」

3,700万人を超える人々が世界で最も人口が多いと考えられる首都圏に住んでいます。

気象庁が1951年に記録を記録し始めて以来、毎年夏の梅雨が最も早く終わるにつれて危機が激化しています。

雨は通常7月まで夏の暑さを和らげます。

スカイニュースでもっと読む:
気候変動に変わった日本桜シーズン

日本、予想以上に暑い夏に直面

今夏は地球温暖化などの要因で、日本北部、東部、西部地域が予想以上に暑いと天気予報が警告したことによるものです。

METIは、超過発電容量が月曜日午後、東京と日本東部の近隣8県から3.7%まで落ちると推定する。

3%のバッファは、安定した電源供給のための最小要件と見なされます。

土曜日の伊勢崎の気温は、日本で最も暑い日である2011年6月24日の以前の記録である39.8Cを破りました。

東京中心部の別の気象観測所は、1875年の記録が始まって以来、最も早い35.4Cを記録し、これは日本で極端な暑さと見なされる首都で35Cを超える日でした。

国はまた、次のエネルギー供給の減少に直面しています。 2011年福島原発事故 炭素排出量を削減するために、古い石炭発電所を閉鎖します。

日本はまたロシアに対する制裁で潜在的な化石燃料不足に直面している。 ウクライナ侵攻

READ  日本のラグビーシーズン開始がコロナ19 62件の演技

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close