東京は、TSMCが日本の生産を拡大するために49億ドルをさらに支援すると約束しました。

Estimated read time 1 min read

ティム・ケリー

東京(ロイター) – 日本は、土曜日に台湾会社が最初の日本工場の開場を記念して、TSMCが2番目のチップ製造工場を建設するために最大7,320億円(48億6千万ドル)の補助金を追加提供すると言った。

日本でチップを生産することにしたTSMCの決定は、近隣の中国との緊張が高まるにつれ、先端半導体製造を復活させ、産業サプライチェーンを中断に備えようとする東京の努力の重要な要素となっています。

斉藤健経済産業賞は「このチップは最初の工場よりさらに発展し、AIと自律走行に活用でき、日本内の半導体供給を安定的に保障する」と述べた。 TSMC創業主のモリス長(Morris Chang)の主催で、日本の九州熊本に最初の工場が開かれました。

最初の工場のために、世界最大のチップメーカーに提供される資金に追加される最近の財政的約束により、TSMCに対する納税者支援補助金が1兆円を超える可能性があります。

米国とドイツでも事業を拡大しているTSMCは、今年末、日本でも量産を本格化する計画だ。 台湾の会社によると、2番目の工場を含むこのベンチャーへの総投資額は200億ドルを超えると言われています。

完成すれば、両工場の月間生産能力は、TSMCがソニー、トヨタ自動車など技術企業や自動車メーカーに供給する12インチウエハ10万枚を超えることになります。

日本はまた、IBMと協力している国内チップベンチャーであるRapidusに投資しています。 ヨーロッパのチップ研究機関であるImecは、2027年から北海道北部島で最先端のチップを大量生産するよう努めています。

($1 = 150.5000円)

(レポート:Tim Kelly、編集:Sonali Paul)

READ  日本日経、ウォールストリートラリーで2週間最高値に跳ぶ、ハト派BOJ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours