経済

東京は1年ぶりにインフレパルスを示しています

東京の消費者物価が1年ぶりに突然上昇したこれは日本ではインフレが回復されている別の信号が、上昇速度は、世界の他の場所で恐怖を呼び起こすレベルとは距離が遠かった。

生鮮食品を除くことができ7月の物価は、電気代が安定して新聞の値が上昇し、1年前より0.1%上昇した。

経済学者は、10ヶ月の間下落した後2番目の月の間に都市の価格が横ばいを維持すると予想している。

世界のエネルギー市場がファンデミクから回復され、日本の価格の下方圧力が高まっているが、インフレは他の場所よりもはるかに抑制されています。 景気刺激策の最終撤回を検討している、FRBや他の中央銀行とは異なり、日本の銀行は近い将来に緩和政策を固守する可能性があります。

先月BOJは経済活動が改善されれば、物価が上昇するとみているが、2024年以前には、インフレが目標値である2%に達すると予想しませないと明らかにした。

完全な回復のための日程も遅れる可能性があります。 日本は先週、東京周辺に緊急事態を拡大し、日本がオリンピックを開催し、記録的なウイルス急増に直面して、8月末までに緊急事態を延長しました。

住友生命保険(Sumitomo Life Insurance Co)の武藤弘明(Hiroaki Muto)エコノミストは「ウイルスの状況が消費者の支出に打撃を与えながら、今期物価は安定を維持すること」とし「BOJは長い戦いをしており、数年間、現在のポリシー枠を固守する可能性が高い」と述べた。 と ” 武藤は言った。

買い物客は、予防接種率が増加するにつれて揚げ始めるのだが、政府がGo To Travelキャンペーンやその他の割引プログラムを再開することができるほど、公共の安全が改善されると、価格データは、実際に落ちることができます。

金曜日に統計学者が2020年を基準年として使用してCPIを再調整するとき、日本の価格で別の逆風が来ることができます。 今回の変更で菅義偉首相の圧迫により下落した携帯電話料金のより多くの割合を置くことができる。

携帯電話の料金は29%下落し、全体の指数で0.5%ポイント下落した。 エネルギー価格は2019年8月以来初めて1年前に比べ上昇しました。 生鮮食品とエネルギーコストの両方を除けば、インフレ率はほぼ横ばいを示しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  UPDATE 1-日本のワクチン長官、5月に接種を加速

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close