トップニュース

東京オリンピック、海外のファン禁止を発表する予定

東京(AP) – 東京主催の国際オリンピック委員会は、最終的に4ヶ月以内に改造する延期されたオリンピックに海外のファンのほとんどが参加できないように定式化する準備をしている。

今回の発表は土曜日IOC、地域主催者、日本政府、東京都政府、国際パラリンピック委員会と「5カ国協議」を経て出てくる予定だ。

組織委員会社長のセイコー橋本は金曜日ニュースブリーフィングで「人々は、次のステップに進むことができるよう、早期の決定を熱心に待っている。 「私たちはすぐに決定を下す必要があります。 “

いくつかの遅延要求にもかかわらず、橋本は木曜日福島北東部県で聖火リレーが開かれる前に決定を下した。

橋本は5つの当事者の両方の決定に同意しなければならないと述べた。 しかし、彼女はIOCと日本政府との二種類が他のものよりも影響力があると述べた。

“すべての決定は、最終的にはIOCから降りることです。」とHashimotoは言いました。 「移民に関しては、国境の国の政府の問題です。」

日本のマスコミは、未確認の情報源を引用して、すでに禁止決定が下された数週間の間に明らかにした。 橋本は確認を拒否した。

日本の居住者に約450万枚のチケットが販売されました。 おそらく別の百万個、海外で売れています。 1年前の演技前に、主催者側は、東京オリンピックで合計780万枚のチケットを使用することができると述べた。

東京組織委員会社長武藤敏郎(Toshiro Muto)は、海外から来たチケット所持者が返金と述べた。 しかし、このような決定は、全国オリンピック委員会から任命し、開催国の外での販売を処理する正規のチケット販売代理店が現場で行うことです。

地域組織委員会の予算は確かに打撃を受けることです。 予算は三番目に大きな利益の原因チケット販売で8億ドルの収入を予想しました。 足りない部分は、日本政府機関が補充する必要があります。

東京準備を総括するIOCメンバージョンコーツは今月初め、海外から来た一部のファンの免除があると述べた。

「私たちは、チケットを購入した可能性があるスポンサーがいる全国オリンピック委員会の示唆を見て宿泊施設の他の意味を見ています。 国際連盟も同様です。」とCoatesは言いました。

日本ではオリンピック開催は、特に海外ファンたちの入会の懐疑論が広がっています。 日本は約8,700人がCOVID-19のために死亡しており、ほとんどの国よりもウイルスをよりうまく処理しました。

聖火リレーは7月23日の開幕式に到達するために、日本を横切る10,000人のランナーを対象に厳格なテストを実施する予定です。

オリンピックとパラリンピックには200以上の国から来た15,400人の選手が参加する予定であり、大部分は競技場、トレーニング施設および東京湾のオリンピック村を接続する「バブル」の内部で動作します。

多くの人が予防接種を受けて到着することがありますがIOCはこのを競合状態に要求しません。

公務員、審査委員、スポンサー、メディア、VIPと放送局など数万人の人々にもバブルの外に到着して運営されています。

READ  日本に向かうスターラグビーウィンガーコロイドベテマリカ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close