エンターテインメント

東京オリンピックが「オリンピックウイルス」の亜種につながる可能性があると、日本の医師が警告

コロナウイルス(COVID-19)勃発により、2021年に延期された、東京2020オリンピックのロゴは、2021年1月22日、日本の東京にある東京都庁で看板を見ることができます。 REUTERS / Issei Kato /ファイルの写真

日本の医師組合代表は火曜日に、世界中の何万人もの人々が東京でオリンピックを開催するとコロナウイルスの「オリンピック」の亜種が表示されることがあると警告しました。

日本は1年間の延期の末、東京で2020年に「安全な」オリンピックを開催すると約束したが、4次感染を抑制するために苦労しており、日本のほとんどの地域で緊急事態を拡大する準備をしています。

日本の管理、オリンピックの主催者と国際オリンピック委員会(IOC)は、厳格なウイルス予防措置の下がオリンピックが行われるだろうと、すべて誓いました。 外国の観客は禁止されたし、来月、国内の観客の決定が下る予定である。

しかし、これらの措置にもかかわらず、予防接種の推進速度が遅い方で人口の5%以上が注射を日本に運動選手と公務員の流入に対する懸念が残っています。

200以上の国と地域から来た人たちが到着予定のうち、8週間後に開始されるオリンピックが危険にさらされていると、日本の医師連合の合ヤマ直人会長が言いました。

彼は記者会見で「別の場所に存在する他のすべての亜種ウイルスの亜種がここ東京に集中して集まることです。新しい変種ウイルスが潜在的に出現する可能性も否定できません」との記者会見で言いました。

「そのような状況が発生した場合、東京オリンピックで、このように命名されたウイルスの亜種になることもある。これは、膨大な悲劇となり、さらに、100年の間に批判の対象になるだろう。 “

しかし、最近、日本で予防接種キャンペーンを支援しているロンドンのキングスカレッジの人口保健研究所所長である渋谷健司(Kenji Shibuya)は、オリンピック特有のリスクを取るた。

「突然変異は、ウイルスが免疫力が弱い人や部分的に免疫がある人に長期滞在する場合に発生します。」とShibuyaは言いました。

「だから、現在の日本の状況は、東京オリンピックよりも危険だと思います。」

緊急状態

東京オリンピックの公式パートナーである朝日新聞は水曜日のオリンピックキャンセルを促す社説を載せたが、ディックポンド前IOC副社長はこの日、スポーツ華やかさが続けなければならず継続されると述べた。 もっと読む

政府は現在、5月31日解除される予定の国のほとんどに非常事態を拡大する準備をしていると、管理者は語った。

しかし、IOC委員ジョンコーツは、緊急事態でも、オリンピックが開かれることができると述べた。 合山は怒った。

合山は「このような声明に関連して、日本国民は、実際にこれに対して大きな怒りを表出しており、これは、医療や医療専門家によりそうです。」と言いました。

今週初め、米国は、日本の旅行について勧告したが、オリンピック主催者は、これがオリンピックに影響を与えないだろうと言いました。 ホワイトハウスは、水曜日、日本政府がオリンピックへの懸念について緊密な連絡を継続すると確信した。 もっと読む

しかし、状況がどのよう不確実かの信号で、オーストラリアの主要なスポーツリーグやオリンピック希望者は、当局がメルボルンでCOVID-19の発症を抑制するために、ビクトリア南部諸州で7日間の封鎖を発表した後、緊急計画を立てるのに苦労しています。 もっと読む

東京と接している千葉県は、木曜日に安全上の問題でオリンピックの聖火リレーをオフにしてイベントを縮小する最新の地域になると発表しました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  テニス:大阪、マイアミ開幕戦の勝者のために錆はたい見通し

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close