エンターテインメント

東京オリンピックの調整予選、青信号、国境制限緩和

アジア、オセアニアオリンピックとパラリンピックの大陸予選はワールド調整が選手たちが日本に参加できるように保証を受けた後、5月に計画通り進行される予定です。

日本政府は、世界の調整と日本調整協会の5月に、外国代表団が入国することができると明らかにした。 現在は許可されていないことである。

日本の国境は、コロナウイルス感染症に対応して、ほとんど閉鎖されたが、当局は、オリンピックとパラリンピックを控え、今後数ヶ月の間に選手たちが訪問することを可能にする予定です。

以前は、外国人選手たちに日本を訪問することができる特別な競輪が与えられたが、日本で新しいCOVID-19の亜種が発見され停止しました。

この保証は、イベントがWorld Rowingの「Return to Regattas」のガイドラインを満たしていることを意味し、したがって、組織の執行委員会で承認されました。

執行委員会はまた、主催者側のCOVID-19の予防計画に満足します。

外国人選手は再び東京を旅行するように設定されています。 ©Getty Images
外国人選手は再び東京を旅行するように設定されています。 ©Getty Images

それは当然の国家機関に伝達されるものであるが、食事、訓練または競争を除いては、義務的なマスクの着用が含まれます。

このイベントは、5月5日から7日まで、東京のSea Forest Waterwayで行われる予定です。

Sea Forest Waterwayは、今年のオリンピックとパラリンピックの調整場所でもあります。

東京2020のアメリカの調整予選は先週リオデジャネイロで完了しており、いくつかの決勝戦は、新しいコロナウイルスの制限が有効になる前に進みました。

イタリアVareseは5月21日から23日までスイスのルツェルンで最後のチャンスグローバル予選大会が開かれる前に、4月5日から7日まで、欧州の大会を開催する予定です。

READ  浜崎あゆみ「FNS歌謡祭」で謎演出!顔を照らさないカメラに「NGですか?」 - まいじつ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close