エンターテインメント

東京オリンピックカヌースラロームコース、今大衆に急流スリルを提供

TOKYO – 2020年に東京オリンピックのために建設された日本初の人工カヌースラロームコースは、今や大衆に首都中心部近くで急流ラフティング冒険を提供しています。





2022年8月8日、東京江戸川区の東京オリンピックのために建てられたカヌースラロームセンターで、人々がラフティングを楽しんでいます。 (Mainichi/Koichiro Tezuka)

2021年オリンピック以来、首都江戸川区東京湾付近のカヌースラロームセンターは、主にカヌー選手の訓練基地として使用されましたが、7月に一般に公開されました。 都市の楽しさを探している人は、コースを横切って吹く海の風と共に、4.5メートルの高さの変化を持つ約200メートルの長さの急流に沿っていかだに乗って降りることができます。

東京近郊の町田で母親、友人の家族と一緒に訪れた新井由里(11)は、「思ったより強烈だった。

ラフティング体験は予約が必須で、8月のほぼすべての席はすでに予約がいっぱいだ。 センターは9月にも訪問客受付を検討している。 施設関係者は「オリンピックレガシー施設を多方面に活用する方案を検討している」と話した。

(日本語オリジナル:小一郎テズカ、フォトグループ)

READ  最初のサウジアラビア日本のアニメ映画の公開予告編

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close