東京オリンピック準優勝者平木、女子パーク初金メダル

1 min read

日本のココナ平木が2023年5月13日、東京近くの千葉のジョジョマリンスタジアムで開かれたXゲーム女子スケートボードパーク大会で優勝した後、金メダルを持ってポーズをとっています。 (刑務所)

東京オリンピック銀メダリスト平木ココナは、土曜日、千葉のジョジョマリンスタジアムで選手たちがコースを抜けなかった後、女子スケートボードパーク大会で初のXゲーム金メダルを獲得しました。

X Games Japan 2023の2日目に複数のスケートボードとBMX決勝戦が予定されている中で続く降雨のため、主催側は最終順位に前日の脱落ラウンド結果を使用しなければなりませんでした。

これで14歳の平木は総点83.33点で決勝に進出して1位を占めました。 アメリカのRuby Lilleyが2位、日本のYurin Fujiiが3位を占めました。

平木氏は「予選初戦で最善を尽くすことができて嬉しいです」と語った。

日本オリンピックチャンピオンの桃二西谷が女子スケートボードパークで2位を獲得し、東京オリンピック銀メダリストのブラジルのRayssa Lealが王冠を占めました。 日本のリズ・アカマが3位を占めました。

東京オリンピック優勝者オーストラリアのキーガン・パルマー(Keegan Palmer)が再び男子スケートボードパークの帝王になり、アメリカ人のコリー・ジュノー(Cory Juneau)とギャビン・ボットガー(Gavin Bottger)がそれぞれ2位と3位を占めました。

BMX公園では、アメリカ人ダニエル・サンドバルの予選合計87.00点がオーストラリアオリンピックチャンピオンのLogan Martinの試合の掌握力を破るのに十分でした。

Sandovalは5連覇を狙う2位Martinを0.67点車で抜いて日本のRim Nakamuraが7位を記録しました。

28歳のサンドバルは、雨が決勝戦に影響を与える可能性があることを知り、金曜日の予選ラウンドにすべてを歩いたと言いました。

彼は「今日は起こらないかもしれないという考え方で昨日は少し違った」と話した。 「私たち全員は、これが最終的な結果になる可能性があることを知っていました。

日本のココナ平木が2023年5月12日、東京近くの千葉のジョジョマリンスタジアムで開かれたXゲーム女子スケートボードパーク大会で競技を繰り広げます。 (刑務所)

日本の林中村が2023年5月12日、東京近くの千葉のジョジョマリンスタジアムでX Games BMXパーク大会を開催します。 (刑務所)

READ  映画で会う日本
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours