経済

東京オリンピック:ウガンダのチームメイト、COVID陽性判定| オリンピックニュース

陽性のテストは、東京オリンピックに到着した選手たちの間で最初に発見された感染でした。

ウガンダのオリンピックチームのチーム・メンバーがコロナウイルスの陽性反応を示し、5週間ぶりに東京オリンピックの開会式に到着した選手たちの間で最初に感染したことが確認された日本の入国が禁止されました。

他の8人のチーム・メンバーは、日曜日早くCOVID-19の事例が報告されている、日本中部のホストタウン大阪に行くチャーターバスに乗って行きました。

経済政策担当大臣である西村康豊島(Yasutoshi Nishimura)は日曜日NHK TVで、政府が国境管理に何が起こったのか調査していると述べた。

土曜日遅く東京成田空港に到着した選手たちは、すべてAstraZenecaジャブで完全に予防接種を受けた搭乗前にPCR検査の音声を受けた匿名の内閣事務局関係者の言葉を引用し、朝日新聞が報じた。

陽性反応を示したチーム・メンバーは確認されていません。

NHKは、個人が、政府指定の施設に滞在すると発表した。

批評家は、大流行の中でオリンピック開催の危険性について深刻な問題を提起しました。 しかし、国際オリンピック委員会、東京主催、日本政府は、オリンピックが安全に開催されることができると主張しています。

野党議員Renhoは、自分のTwitterアカウントで「すべてしばらくお待ちう」と言いました。 「今回は、9人到着しました。 オリンピックのために、10万人が到着します。 これが私たちの子供たちにどのように感動的な経験になるのか話をする時はありません。」

日本は海外入国者に対して2週間の隔離が必要ですが、オリンピックチームは、同じ国境管理を受けません。

主催者は、月曜日に、いくつかの地元のファンをスタンドに許可することに決定することが予想されます。 東京の公共観覧サイトの計画は、土曜日にキャンセルされました。

海外から来たファンたちは数ヶ月前に禁止されました。 大流行前に、日本は好況を享受し、観光や消費者の支出を提供するために、オリンピックに依存しました。

ウガンダのチームは、オーストラリア女子ソフトボールチームに続き、7月23日にオープンするオリンピックに出場した第二のチームでした。

ウガンダのはCOVID-19の亜種の驚くべき増加を目撃しており、閉鎖措置を強化しました。 テストの不足を考えると、約590人の死者が報告されました。

日本では、東京、大阪、その他の都市では、ウイルスの拡散を抑制するための緊急事態が日曜日に終了します。

日本には閉鎖がありませんでした。 今年最も持続された、いわゆる緊急事態はレストランやお店を早くドアを閉め場所の多数の数を制限し、人々に社会的距離を求めて自宅で仕事をマスクを着用するように要求していることに重点を置きます。

日本の予防接種率は、先進国の中で最も遅く、全人口の約6%が予防接種を受けました。 展開が徐々に増加しているが、ほとんどの人は、オリンピックを控えて完全に予防接種を受ける可能性が低くなります。

日本では14,000人以上がコロナウイルスで死亡しました。

READ  畳やすい収納可能なエコバッグをお勧め7線| ライフハッカー[일본 판]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close