スポーツ

東京オリンピック:日本の2011年の女子サッカーワールドカップ優勝チームが聖火リレーの最初の聖火伝達がされる

2011年ワールドカップで優勝した日本女子サッカー代表チームは、月曜日、主催者が確認したように、東京オリンピックの聖火リレーの最初の聖火ボランティアになる。

聖火リレーは3月25日福島県J-Village National Training Centerで始まる。

現在の流行により、一般的には非常に有名なイベントである東京オリンピックの聖火リレー行事が大きく縮小しました。 イベントの参加者と共演者の数は、前のオリンピックの聖火リレーに比べて大幅に減少しました。

開幕式と開幕式の聖火リレーの最初の区間では、観客が許可されていないが、ファンは、オリンピック公式チャンネルで生中継を見ることができる。

福島から始まった東京オリンピックの聖火リレーが日本全域に移動します。 今後数ヶ月にわたり、日本47県を巡回し、最終的に7月23日の開幕式に到着する予定だ。

日本は2015年準優勝を除いて女子サッカーワールドカップで優勝した唯一のアジアの国です。 2011年のチームは澤穂希が主張を引き受けキンガゆかり、この清水あずさ、坂口みずほ、安藤こずえ、ミヤマ彩が含まれます。 、川澄やホーミー、大野忍、卯都木ルミ、社メシマ彩、高瀬恵、高瀬恵、マナ岩渕などがすべての聖火リレーに参加する予定だ。

東京オリンピック聖火リレーには、47人の聖火ボランティアがある予定です。

ギリシャのアテネで開催された2020東京オリンピック炎移譲式グリーススポーツ大臣兼HOC会長のスパイロスキャップラルロス(Spyros Capralos)が聖火を前に日本水泳選手井本直子に渡します。
ギリシャのアテネで開催された2020東京オリンピック炎移譲式グリーススポーツ大臣兼HOC会長のスパイロスキャップラルロス(Spyros Capralos)が聖火を前に日本水泳選手井本直子に渡します。

主催者側は、日本の47県でトーチベアラーを選定しました。 このトーチボランティアは五輪の多様性の精神を反映して、さまざまな背景から選択された。

東京オリンピックの聖火基の完全なリストは、東京2020で確認することができます。 ウェブサイト

投稿日:2021年3月22日、21:46 IST

READ  日本、オリンピック遅延数ヶ月前に、ウイルスの緊急事態の拡大

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close