スポーツ

東京ゲームの最終的な世界ボクシング予選廃止

日本のボクシング連盟(Japan Boxing Federation)は、東京オリンピックの最終グローバルボクシング予選が廃止されており、この夏大流行遅れのゲームの順位は順位に基づいて決定される可能性がある火曜日明らかにした。

予選は6月にパリで開催される予定だったが、コロナウイルスの旅行制限や、4月から6月までの最終予選の日程が変更され、主催者側は、麻痺を停止した。

オリンピックのボクシング予選イベントは、IOCが国際ボクシング協会がオリンピックでスポーツを運営する権利を剥奪した後、形成された特別なタスクフォースによって組織されています。

2019年6月の決定は、ボクシングの危機に見舞われた支配当局の深刻な管理不良の調査以来、出てきたことです。

最終の世界のイベントの予選は、今、タスクフォースが作成された順位に基づいて決定される可能性が高く、いくつかのボクサーは延期された2020年大会に出場する機会を剥奪します。

日本のボクシング連盟のスポークスマン額に加え、真由美は、AFPとのインタビューで、遺体が火曜日に動きを発表したと述べた。

「一部の国の選手たちはパリに旅行することができますが、他の国では旅行することができないため、不公平です。」と彼女は言いました。

「選手たちが先に来なければなら、彼らは安全、安全が必要です。また、開放的で正直必要があります。選手たちは同等に扱わなければします。」

オリンピック予選は4つの大陸に分かれており、6月にパリで最終グローバル予選が開かれる予定です。

国際オリンピック委員会は、日本のIOCメンバーであり、国際体操連盟会長である森ナリ渡辺を任命して予選と大会自体を組織するタスクフォースを運営した。

amk / kaf / jfx

READ  卓球:シンガポールのYu Mengyu、ドーハで日本のスター美羽平野気絶、スポーツニュース、主要ニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close