エンターテインメント

東京ゲーム一時施設ほぼ完成

東京オリンピックが始まる2ヶ月余り余り残った状況でスケートボードなどのスポーツのためのテストイベントが新たに建設された一時的施設で行われます。

コロナウイルス感染症が始まる前に作成された当初の計画に基づいて43個の施設が建設されています。 観覧席も計画通り建設中です。 国内観客制限の決定は、次の月まで先送りいる。

7,000人を収容することができる有明町スポーツ公園がほぼ完成しました。 スケートボードのテストイベントは、木曜日と金曜日に開催され、月曜日にはBMXフリースタイルサイクリングのためのテストイベントが開かれます。

8,000人規模の青海アーバンスポーツパークでは、金曜日から3日間3×3バスケットボールテストイベントが開かれる。

一時施設の建設費用は、元の3,160億円(約29億ドル)と推定された。

しかし、オリンピックの演技のために追加で666百万ドルが必要になると予想されます。 これらの追加費用は、安全上の理由から、施設解体と再構築に関連するタスクが含まれます。

組織委員会は、オリンピックが安全かつ確実に保持することができるように準備を続けること言いました。

ゲームが継続されるべきかについて交錯した見解がありました。

READ  目に見えない測定| MITニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close