エンターテインメント

東京フェスティバル、日本の先駆的な1950年代女性映画監督キヌヨ田中に敬意を表する

東京 国際的な 映画祭は監督の6編のうち4編を上映する。 キヌヨ田中、戦後時代に日本初の女性監督として定着したスクリーンレジェンド。

1909年に生まれた田中は、15歳で松竹でデビューし、20年余り後にアメリカを旅行した後、自由契約選手になるまで一緒に働きました。

ハリウッドレポーターが参加した作品をもっと見る

上映を紹介するフェスティバルトークショーで日本国立映画記録保管所のミカトミタは田中が「…俳優としてとても人気があり、彼女の映画がチャップリンの映画のように彼女の名前で上映されるほど」と話しました。

彼女の最も注目すべきコラボレーションの女優は、伝説的な監督のKenji Mizoguchiと共に、次のような古典を含む彼の映画の15に出演しました。 うげつ (1953)と 三番執行官 (1954).

溝口は1936年にデビューした日本初の女性監督である坂根太子をメンターにした。 私の愛の炎 (1949)と他の映画では、監督はカメラの後ろで彼女のキャリアに反対したが、彼女は彼を許した。

カンヌの映画部長であるChristian Jeuneによると、彼女の作品6本はすべてデジタル的にリマスターされ、今年のカンヌとリヨン映画祭で上映された後、フランスで劇場公開される予定だという。

「もちろん俳優として知っていました。 しかし、彼女が監督した映画を発見したのは芸術的に大きな驚きでした」とJuneは言いました。 私はなぜこの6本の映画がもっと注目されていないのか理解するのは難しいです。 彼らは映画の歴史の一部です。 彼女が女だったからだろうか? 映画が日本で劇場で見られたように、大画面で上映されることを願っています」

「1950年代に彼女は女性の権利のような困難な問題について話していました。 永遠のおっぱい非常に直接的な方法で乳がんを扱う、日本だけでなく世界中の誰もこの問題を扱っていませんでした。」とJuneが付け加えました。

田中はまた、売春やその他の議論となる問題に関する映画を作り出演しました。

美香幸子監督は、日本の女性映画制作において、田中の重要性について「女性であり俳優としての経験が監督に反映されたようだ」と話した。

富田は「田中が1960年代に映画撮影を中断してから数十年間、日本で他の主要女性監督が登場しておらず、女性が映画を作ることが日常化したのは比較的最近になって起こった」と指摘した。

田中は死ぬ1年前の1976年まで映画とテレビで演技を続けました。

東京フェスティバルで4Kデジタルリマスターを上映します。 月が出た (1955)、 さまよう王女 (1960)、 十字架の下の愛 (1962)と 永遠のおっぱい/永遠の女性 (1955).

記事全体を読むにはここをクリックしてください。

READ  松本明子、デビュー37年ぶりに初のコンサート「フリフリの衣装は、自己負担となります!」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close