エンターテインメント

東京フェスティバル優勝者:「獣」が競争を掴む

ザビーストロドリゴ・ソロゴイェンの心理スリラーでスペインのガリシアの田舎で平和な生活を送るために訪れたフランス夫婦が地元の人々の暖かいおもてなしを受けられず、第35回東京グランプリを受賞した。 東京国際映画祭 火曜日の夜の閉会式で。

10月24日から11月2日まで東京中心部の会場で行われたこのフェスティバルは、Sorogoyen最優秀監督賞を受賞し、「The Beasts」スターDenis Menochetを最優秀男優主演賞に選定しました。

今年のカンヌ映画祭競争なしで初演されたこの映画は7月フランス劇場で公開された。 しかし日本の発売はまだ発表されていない。

審査委員特別賞はイラン監督の後だけセエディ監督の風刺ドラマ「第3次世界大戦」が2位を占めた。 今年、ヴェネツィア映画祭のホライゾン部門初演で最優秀映画賞を受賞し、主演モッセン・タナバンデが男優主演賞を受賞しました。 日本公開もまだ未定だ。

男優主演賞はマヌエラ・マルテリー監督の「1976」でチリのピノチェット独裁から脅かされる男性を保護する女性の役割を引き受けたアリン・クッペンハイムに帰った。

最優秀芸術貢献賞は、スリランカ監督のSanjeewa Pushpakumaraの「Peacock Lament」に、観客賞は競争で3つの日本出品作の一つであるRikiya Imaizumiの「By the Window」に戻りました。

祭りの主催者によると、昨年よりほぼ2倍近く増加した入場者数は29,414人から59,541人に急増しました。 ファンデミック以前の正規化のもう一つの兆候:海外のゲストの数が2021年に8人から104人に増加しました。

一方、女性監督やノンバイナリー監督の映画は14.8%で上映された169本のうち25本だ。 活動家団体であるジャパン・フィルム・プロジェクト(Japan Film Project)の調査によると、TIFFが現地のトレンドに合わせているという信号で、2020年に日本で公開された全長編映画の12%を女性監督が占め、2000年から2020年の間にも同様の数値が見られました。 3%だった。

READ  環境活動家:日本のチャングニに「いいえ」と言う

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close