経済

東京会社、衣類に中国生分解性プラスチックを使用

東京 – 東京を拠点とする化学貿易会社であるHighChemは、伝統的な職人の精神を適用して中国の生分解性プラスチック繊維を改良し、繊維と織物をヨーロッパの衣料メーカーにマーケティングしています。

持続可能なプラスチックは、熱伝導率が低く、染料を吸収して印刷物を作ることができるため、食器やショッピングバッグとして使用するための代替材料と考えられています。

HighChemの取締役であるYuichi Takaは、「これは化学専門家のアイデアでは実現できませんでした。しました。

ハイケムはPLAメーカーの中国BBCAグループに投資し、2020年に日本販売契約を締結した。 中国出身で高祐一の父親である高宇志雄社長の人脈を利用した。 。 BBCAは年間10万トンの生産能力を持つ世界2位のPLAメーカーです。 今夏30万トン規模の大規模工場を稼動すれば、中国企業が世界1位のPLAメーカーになる見通しだ。

Yuichi Takaは、PLAを衣類繊維として使用するアイデアを得たが、彼の父親は最初に反対したと述べた。 日本の主要化学企業は、PLA繊維の商業化を試みたが、耐熱性不足などの繊維の技術的弱点を解決することに成功しなかった。 エンジニアのタカ会長は彼らの失敗をよく知っていました。

彼は2021年初め、父親の反対にもかかわらず「日本繊維と繊維産業の知恵を引き出したい」とPLA繊維事業をすることにした。 HighChemは、これまで4人の衣料品と織物の専門家を雇用し、福井県の合成繊維メーカーと岡山県のデニム生地メーカーを含む日本全土の伝統繊維製造業者に繊維を販売してきました。

先入観がなかった繊維・織物職人たちはPLA繊維を綿のような天然繊維と植物由来改質剤と混合して衣類品質レベルに着実に向上させました。 「品質繊維は職人が改善方法を提案する日本にあるため実現されています。私たちは中国では使用できないビジネス環境にあります」とTakaは言いました。

同社はすでに東京素材の生地メーカーである小野メリヤス工業社と繊維貿易会社のTakyhyoとHighlact供給契約を締結しており、この繊維を使用した衣類が今後の秋と冬に販売されると期待している。 同社はまた、欧州と日本の主要衣料メーカーとの販売交渉を開始したと述べた。

この繊維は依然として耐熱性の問題があり、アイロン制限が必要であり、ポリエステル繊維価格の3倍のキログラムあたり12ドルで販売されています。 しかし、ヨーロッパの高級アパレルブランドは、高コストにもかかわらず、持続可能な素材の使用を拡大しています。 このような有利な要因を考慮して、HighChemは2024年にHighlactの売上を50億円(3,770万ドル)に目指しています。

PLAをはじめとする衣料素材自体の量産で日本が中国と競争することはこれ以上現実的ではない。 ハイケムの歩みは、日本が中国がうまくいかない技術とノウハウを加えて事業機会を見つけることができることを示している。

READ  米国がシャットダウンを避けた後、朝の取引で株式上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close