トップニュース

東京住民、電気代を節約するためにタートルネックを着用するよう求める日本

東京支社は、人々に今年の冬を暖かく過ごし、エネルギー消費を減らすためにタートルネックを着用するよう求めました。

Yuriko Koikeは、タートルネックジャンパーを着るとエネルギーコストを削減するのに役立つと述べた。

「首を温めると熱効果があります。 私もタートルネックを着てスカーフも暖かくしてくれます。 これは電気を節約するでしょう。」と小池百合子は金曜日の記者たちに言いました。

「これは過酷な冬のエネルギー気候を一緒に乗り越えるツールの一つです」 彼女はエマニュエル・マクロンフランス大統領 「タートルネック着用に先頭に立つ」。

日本は、暑い夏の間にエネルギーを節約するために、オフィスでカジュアルな服装をお勧めする年次「クールビーズ」キャンペーンを長い間実施してきました。

冬のバージョンは適切に「暖かいビーズ」とラベル付けされています。

2050年まで炭素中立を目指す日本は、ロシアの2月ウクライナ侵攻以来、多くの国と同様にエネルギー供給の圧迫に直面しています。

岸田文夫日本首相は去る8月 国の原子力復活を推進する 高騰輸入エネルギーコストを解決する業界。

しかし、そのような動きはおそらく 議論になる 2011年の福島原発事故以来、大規模な津波による安全の恐れにより、多くの原子炉が中断されました。

11年後、日本の33個の原子炉のうち10個の原子炉が再び作動しますが、すべて年中稼働するわけではなく、日本は依然として輸入化石燃料に大きく依存しています。

READ  日本、ウクライナ危機で原油価格が上昇するにつれて、UAEへの石油供給の拡大を要請

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close