トップニュース

東京列車の中で刀を振り回す男性17人が負傷

日曜日の夜、東京列車の中で一人の青年が剣に刺され火をつけた。 刀に刺され意識を失った70代の男性を含め、17人が怪我をしました。 攻撃者は逮捕されました。

警察によると、容疑者は新宿駅に向かう列車に乗っていた中、東京西部調布市国間駅近くで乗客を暴行し始めたと警察は伝えた。

彼らはまた、彼がタバコライター液体を使用して列車の内部に火をつけたと言います。 大きな炎がしばらく上昇し、いくつかの座席が燃え上がった。

列車は乗客がプラットフォームに避難できるように国営駅に非常停車した。

警察は殺人未遂の疑いで服部京太を逮捕した。 彼らは、24歳の少年がそうするように言ったときに剣を落としたと言います。

捜査官らはこの男性が少なくとも2人を殺すなら死刑を受けたいという願望を成し遂げることができると考えたと話したと伝えた。

容疑者は去る8月、東京小田急線列車内部で発生した剣攻撃からインスピレーションを得たと付け加えた。 この暴行で10人の乗客が負傷した。

READ  アニメ「デーモンスレイヤー」が伝染病の中で、日本と和音を出す

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close