理科

東京博物館、フロッピーディスク、電動自転車を未来技術遺産に選定

ソニーグループ株式会社提供
世界初の3.5インチフロッピーディスクはソニーによって開発されました。

国立科学捜査研究院は電動自転車と3.5インチフロッピーディスクなど18品目を未来技術遺産に新たに登録したと明らかにした。 文化を継承し、後代に受け継がなければなりません。

未来技術遺産登録は2008年から始まり、最近追加されて合計343件となりました。

電子自転車はヤマハモーター株式会社で世界で初めて商用化され、自転車市場の突破口と見なされます。 自転車にはペダリングを補助するモーターが装備されており、法的に運転免許証を必要としない車両に分類されました。 試作品やその他のモデルを開発した後、1994年から全国販売を開始しました。

その他に選ばれた品目としては、1980年頃ソニーがワードプロセッサ用記録媒体として開発した世界初の3.5インチフロッピーディスクと1945年頃IHIが開発した最初の国産ジェットエンジンであるNE20などがある。

東京上野公園にある博物館は、9月25日火曜日から9月25日まで、未来技術遺産として新たに登録された項目の展示パネルを展示します。

READ  Hutchinson知事週間スピーチ| モビリティの未来への道を磨く: Asa Hutchinson アーカンソー知事

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close