理科

東京博物館に展示されている Hayabusa2 が輸入した小惑星サンプル



宇宙探査船はやぶさ2号が小惑星竜宮に初めて着陸したときに収集された黒い粒子が、現在東京五島区にある国立科学革新博物館に公開展示されている。

日本宇宙探査船はやぶさ2が地球に持ってきた小惑星竜宮のサンプルが12月4日、東京博物館で初公開された。

それぞれ約2ミリメートルを測定する2つの漆黒のような粒子が現在首都五島区にある国立科学革新国立博物館(ミライカン)に展示されています。 藤本正樹日本航空宇宙探査局(JAXA)宇宙・宇宙科学研究所副所長は3日、メディアブリーフィングで記​​者たちに「平凡な砂利のように見えるが、実際には地球の水と生命の起源に関する情報を提供します。置いて観覧したいと思います。」

2020年12月、宇宙探査船はやぶさ2号が小惑星竜宮の岩石と砂サンプル5.4gを収めたカプセルを持って地球に戻った。 カプセルの中には、2019年2月と7月の小惑星に着陸し、探査船が収集したサンプルが入っていた。 Hayabusa2は最初の着陸でRyugu表面のサンプルを収集することができ、2回目の着陸時に表面下の材料からサンプルを採取したと考えられています。 探査機は衝突機で人工クレーターを作りました。

リュウグは主に地球と火星の間を公転し、炭素と水のある小惑星に分類される。 科学者たちは、小惑星が地球の生命と水が誕生した物質を運んだ可能性が非常に高いと見て、小惑星から取ったサンプルを分析しています。

展示された粒子は、一次着陸と二次着陸時にそれぞれ収集したサンプルから抽出したものです。 Ryuguの岩石サンプルが返されたカプセルも、12月13日まで開かれる展示会で展示されます。 詳しくはMiraikan 03-3570-9151(日本語)までお問い合わせください。

(日本語オリジナル:永子永子、生命スタイルと医学ニュース部門)

READ  宇宙船のための新しい電気推進エンジン、トラックで最初にテストの進水

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close