スポーツ

東京大学学生の鈴山穂高、相撲入試に合格

小山穂高は、金曜日の哲学と学生が、エリート学界のボルイン東京大学で初見習いレスラーとしてプロ相撲に入学するための入学試験の最初の部分を通過しながら小さな歴史を作りました。

埼玉県出身のこの選手は5月夏季大相撲大会が開かれる東京の両国国技館でスポーツの本拠地である日本相撲協会入学試験を受けました。

24歳のスヤマ(Suyama)は、前例のない挑戦に最初の足を踏み出した後、「今出発船に立っているようです。

身長180センチメートルの体重104キログラムのスヤマは、JSAの最小身長と体重要件を上回りました。 内蔵検査で問題がなければ、スヤマは5月大会3日目にデビューできる。

身体的にJSAに収まるほど大きく、大学の相撲クラブに加わった時よりもはるかに強力でしたが、Suyamaはコロナウイルスの流行で訓練機会が縮小された後、この段階で身体的に期待した場所ではありません。

「もっと強くなりたいと思いました。 もっと強くなりたいという気持ちで入団を決めました。」 73kgの体重で大学サークルに加わりましたが、今や大学の背景が重要ではない競争の世界の奥深くに飛び込んでいるSuyamaが言いました。

彼は木曜日に木瀬相撲屋で新しい人生を始め、そこに住んで訓練します。

一度も経験してみなかった集団生活に絶対慣れなければならない」と話した。

来年3月に卒業するまで、相撲界での教育と他の勉強のバランスをとるスヤマは、自分の理想的な相撲が元モンゴル生まれのグランドチャンピオン・ハルマフジのように「速くて強力」だと説明しています。

日本の他の国立大学の1か所で過去に4人のレスリング選手がいましたが、東京大学が一般的に日本語と呼ばれるように、SuyamaがTodaiで入学するのはまったく異なるレベルです。

負担感が大きくないかという質問に、須山は「特にそうではない。 一日一日私のすべてを捧げたい」と話した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  JRA秋華賞(G1)であるリングの戦術は、「危険」!? 過去3連単3点的中の「極秘情報」が導出 "隔週末」に注目!京都内回りコース巧者一体... - GJ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close