東京政府、結婚促進のために仲買事業に参入

1 min read

東京 – 「東京ふたりストーリー」と呼ばれる市役所の新しいイニシアチブはまさにそれです。 「ひとり」または一人になることがますます一般化する国でカップル、「ふたり」を作るための努力です。

潜在的な恋人のアドバイスや一般情報を提供するサイトがオンラインにあり、デートアプリも開発中です。 市役所は、今年の終わりに電話やウェブを介してアクセスできるサービスを提供したいと考えていると、市関係者は木曜日に話しました。

詳細はまだ決まっていません。 市庁は、このアプリが運転免許証、所得証明のための税記録、結婚する準備ができたことを知らせる署名様式など、身元確認を要求するという日本のメディア報道についてコメントを拒否しました。

水曜日厚生部の資料によると、日本の出産率が史上最低水準に下がり、結婚が減少しているそうです。 昨年の結婚件数は474,717件で、2022年504,930件より減少し、出生件数は合計727,277件で770,759件より減少しました。

もっと読む: アジアの女性が出産率が低い理由

レポートはまた、アプリがあなたの身長、職業、教育レベルを要求することができることを明らかにしたが、関係者は決断を下さなかったと否定した。

政府は国家レベルで子供がいる家庭に現金支給を約束し、保育施設を支援するなど深刻な人力難を解決するために努力してきた。 また、外国人労働者の流入を促進するために、長年にわたり移民政策を緩和しています。

1970年代、いわゆる「ベビーブーム」の時代に日本は年間200万人以上の出生を記録しました。 今日、世界中の多くの若い大人のように、伝統的な結婚や子供の出産に興味を持っている日本人はほとんどいません。

日本の職場規範は、長時間勤務し、職場外で人々にほとんど会わない傾向があるという懸念があります。 何人かの人々は子供を育てるのに費用がかかると言います。

東京市役所では、未婚者の出会い、カップルの結婚相談、恋人たちの初めての出会いの話を漫画や歌にすることができるイベントも後援しています。

READ  日本、出張者検疫3日に短縮
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours