エンターテインメント

東京株式市場は、しっかりした技術株式の上昇、国内実績に焦点



このファイルの写真は、東京証券取引所を示しています。 (毎日)

TOKYO(Kyodo) – 火曜日、東京株式市場は、しっかりとした技術株に支えられ上昇したが、投資家が次の週から始まる企業業績レポートを待ちながら、午後には狭い範囲で動きました。

日経225指数は前日より190.06ポイント(0.65%)上がった2万9215.52で取引を終えた。 東京証券取引所第1部全体の種目のトピックス指数は7.34ポイント(0.36%)上がった2,026.57で取引を終えた。

勝者は精密機器、海上輸送、情報、通信の問題が主導しました。

米国ドルは新しい取引の信号がない一日のほとんど114円の下部にとどまったとディーラーが言った。 欧州トレーダーが通貨市場に参加した午後遅くに113円の上部までしばらく下落しました。

午後5時のドルは月曜日の午後5時にニューヨークで114.26-36円、東京で114.29-30円に比べて114.01-03円で取引された。

ユーロは、月曜日午後遅くに東京で$ 1.1653-1654と132.86-90円で、ニューヨークで$ 1.1605-1615と132.68-78円、東京で$ 1.1592-1593と132.49-53円で取引された。

ベンチマークである日本の国債10年物利回りは前日売り以降、投資家が債務を買い入れながら、月曜日の終値0.085%から0.005%ポイント下落した。

ブローカーは、技術の比重が高い米国ナスダック指数の一晩上昇を追跡しながら技術の比重が高い問題によって駆動された改装で株価が上昇し強固な上海と香港市場も投資心理を改善するために役立ったとブローカーが言いました。

しかし、投資家が4月から9月までの企業業績と年間の見通しを待ちながら、東京株式市場は、さらなる上昇の勢いが不足したブローカーは言った。

Sumitomo Mitsui DS Asset Managementのシニア市場ストラテジストであるMasahiro Ichikawaは、「どのように多くの企業が、今年(3月まで)の年間収入予測を上方修正するのかと最近の円安と原油価格の上昇が収益にどのような影響を与えるのかに焦点が当てられています」と言いました。 株式会社

投資家はまた、中国の不動産規制と電力不足が世界2位の経済大国である日本企業にどのような影響を与えるか注目しているIchikawaが付け加えました。

10月31日、日本の総選挙と関連し、自民党政権連立議席数を置いて岸田文雄首相の政権が長期化されるかの結果に成り行きが注目されている。 民主党と公明党、市川氏。

岸田議員がコロナ19と経済政策の権限を要求し、火曜日の選挙運動が開始され、野党は政権連立の執権を緩和するために一緒にムンチョトた。

最初のセクションでは、進行中の問題が1,115から962に下がった人よりも多かった107は変更されずに終了しました。

チップ関連銘柄は、東京エレクトロンが930円(1.9%)上昇した5万940円、オドゥベンテストが160円(1.8%)上昇した9280円にそれぞれ取引された。

センサーメーカーであるKeyenceは1,440円(2.1%)上昇した68,660円、電子部品サプライヤーであるTDKは90円(2.4%)上昇した3,875円で取引を終えました。

ソニーグループは、米国子会社であるSony Pictures Entertainment Inc.のオンラインゲーム部門が米国のモバイルゲーム会社であるScopely Inc. 10億ドルに売却すると発表した後、55円(0.4%)増加した12,735円を記録しました。

メインセクション取引量は月曜日、10億8498万株で9億9279万株に減少した。

READ  日本のトリオと香港、UCI Track Cycling Nations Cupでチームスプリント優勝

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close