経済

東京証券取引所会長、コーポレートガバナンスに対する日本の進展を擁護

東京証券取引所(Tokyo Stock Exchange)長東芝の世間の注目を集めるスキャンダル以降、企業支配構造に対する日本の進展を擁護しながら、来年に予定され、市場再編が広く弱体化された非難を拒否した。

去る4月TSEのCEOに任命された山路ひろみ(Hiromi Yamaji)はフィナンシャル・タイムズ(Financial Times)とのインタビューで、投資家が、東芝取締役会の崩壊で日本を判断してはならないと述べた。

彼の言及はTSEが、中小企業や新興企業のためのJasdaqとMothers市場と主要取引所の「最初の」および「第二の」セクションを簡素化することが改編を準備中出ました。

Yamajiは「私たちは、市場に関連するすべての人々に良い改革を目指しました。」と言いました。 「外国人投資家のためにするのではなく、投資指標としてのトピックス指数の利便性を向上させ、より正確な概念に基づいて、市場部門を再構築したかった。」

新しい市場部門のタイトルは「プライム」、「標準」と「成長」です。

Yamajiの発言は、日本企業が改革に反対する明確な動きと一致して、外国人投資家が9月にYoshihide Sugaが首相になった後、支配構造の改善のために、日本の約束になって懐疑感を持つようになりました。

去る6月、日本駐在の米国商工会議所で開かれた講演で、金融庁の持続可能財務責任者聡池田(Satoshi Ikeda)は、これらの支配構造改革が「企業の経営陣が嫌いである」と述べた。

投資家の疑いの主な焦点は、東京に上場された株式を分類する方法を全面的に改編しなければならないということでした。 この計画の以前のバージョンでは、企業が交差株式を放棄し、取締役会の独立性を強化して、最高の地位に上がるようにする明確なインセンティブを提示しました。 会員資格は、クロス保有株式を除く流動時価総額に応じて異なります。

アナリストは、改革があまりにも弱くなって、企業行動にほとんど変化を与えないだろうと言いました。

Mizuhoのシニア株式ストラテジストであるMasatoshi Kikuchiは、いくつかの企業がプライム市場の選択基準を満たすよう努力することができますが、一般的にTSEレジ彼が多くの投資家が必要であると考えている大規模な支配構造改革を奨励していないと言いました。

菊池は「プライム市場の基準は、小企業のや地域の企業の反発で、当初の計画より低くなった」と述べた。

Yamajiは改革が最近改正されたコーポレートガバナンスコードと一緒に検討されるべきだと言いながら改革を提唱しました。 「確かに日本のコーポレートガバナンスは、発展しているが、明らかにまだ完璧ではありません。」と彼は言いました。 「より多くの企業が投資家との対話する準備ができています。 “

しかし、アナリストは、独立した調査で、東芝が昨年の年次株主総会を控えて行動主義の投資家を抑圧するために、日本政府と共謀したと明らかになった後、過去6年間の支配構造の発展が著しく損なわれることがあると警告しました。

「私は東芝の場合は、特別だと思います。」とYamajiが言いました。 「これが日本企業の支配構造の進展がない証拠というのは事実無根だと思います。」

Wirecardのような企業スキャンダルは、世界的に発生するが、彼はToshibaをめぐる状況がガバナンスの失敗の頻度により特に異例と強調しました。

財閥の危機は、2015年会計詐欺摘発で開始され、東芝は2年後に、米国の原子力事業の失敗で破産寸前に至った。 2017年の緊急事態に54億ドルの株式が発行され、株主名簿が外国人活動家でいっぱい投資家との衝突を起こし、最近の理事会の議長を追放しました。

READ  Japan Incの収入はFY2020のために3倍のダウングレードをアップグレードします

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close