経済

東京証券市場は円高に下落し、中国経済への懸念



この2020年5月7日のファイル写真は東京証券取引所を示しています。 (毎日)

東京(刑務所) – 水曜日、東京証券市場は米ドルに対する円高と中国経済の見通しに対する懸念で下落した。 投資家たちは日本政府がコロナ19ファンデミックの余波を緩和するための現金支給計画が制限された効果しかないと予想した。 。

日経225指数は178.68ポイント(0.61%)下落した2万9106.78に締め切った。 東京証券取引所1部全体種目のトピックス指数は10.81ポイント(0.54%)下げた2,007.96で締め切った。

下落は、ゴム製品、航空輸送、鉄鋼問題が主導した。

米ドルは米国債の収益率の下落に伴い米国と日本の金利格差が狭まると推測し、一日中約一ヶ月の低点にとどまったが、113円付近で強気を見せたとディーラーらは述べた。

午後5時ドルは火曜日午後5時にニューヨークで112.83-93円、東京で112.84-86円に比べ113.09-10円で取引された。

ユーロは、火曜日の午後、東京で$1.1590-1600および130.84-94円に対して$1.1568-1569および130.83-87円、東京で$1.1595-1597および130.84-88円で取引されました。

日本の国債10年物の収益率は昨年の火曜日0.055%から0.005%ポイント下落したとディーラーらは述べた。 債券利回りは価格に反比例します。

東京証券市場は終日マイナス領域にとどまり、中国のインフレ上昇がすでに成長鈍化の兆しを見せている世界2位経済に対する不確実性を負債した後、午後に追加損失を被ったとブローカーらは語った。

中国の10月生産者物価指数は全世界原材料価格の急騰に支えられ、1年前より13.5%急騰し、史上最も早い速度で上昇したと政府データが水曜日明らかにした。

日本与党が18歳以下世帯にそれぞれ5万円相当の現金と商品券を支給することに合意したことを含めた国内要因は市場にほとんど役に立たず、計画された措置が全体消費を増加させるようではないと見られるとブローカーらは述べた。

SMBCトラストの山口正弘(Masahiro Yamaguchi)投資リサーチヘッドは「クーポンが支出を促進するためのものであっても、その範囲は子育てにのみ関わり、消費への影響は広範囲ではないだろう」と述べた。 銀行。

山口は岸田文夫首相政府の成長戦略が菅吉秀元元首相の「デジャビュー」だったと述べた。

岸田首相は10月31日、中議員選挙で彼の政党が過半数を確保した後、水曜日特別議会会期で首相に再選されました。

最初のセクションでは、下落の問題は1,213から873に達したよりも多く、97は変動なしに終了しました。

中国市場への露出が大きい一部の課題は下落し、トレーディングハウス伊東町が98円(2.9%)下落した3,314円、化粧品メーカーである白石が117円(1.5%)下落した7,589円、トイレメーカーであるTotoが80円下落しました。 。 1.5%、5,340円。

京畿扶養策の受益を見ることができるという期待感に子育て関連問題が下落傾向を続けた。

ベビーシッター派遣サービスプロバイダーであるPoppins Holdingsは250円(7.0%)増加した3,815円、乳児用品メーカーPigeonは54円(2.3%)増加した2,454円を記録しました。

メインセクションの取引量は火曜日の11億9955万株から11億5329万株に小幅減少した。

READ  VisaのAmazon紛争は、手数料戦争から小売業者に権力が移動していることを示しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close