エンターテインメント

東京2020テストイベントGo International

(ATR)国際選手が東京のダイビング、​​バレーボールのテストイベントで競う。

(FINA)

4月初めに試験種目が再開された後、5月1日までに、国内の選手のみが許可された。

東京オリンピック予選2倍のダイビングワールドカップは5月1日に開始され、今年の夏の大会が開催される東京アクアティクスセンターで5月6日まで開かれます。

50カ国から来た200人以上の選手が一日のテストと参加者をホテルの場所に制限する泡を含む厳格なCOVID-19プロトコルに参加しています。 観客は許可されません。

ダイビングイベントは、国際水泳連盟(FINA)と東京2020主催者が日本で開催することに合意した3つのコンテストの唯一の大会でした。 東京で予定されて芸術水泳予選がキャンセルされ、日本南部の福岡で開かれるマラソン水泳予選が、ポルトガルで前ました。

(FIVB)

バレーボールのテストイベントは、5月1日から2日まで有明アリーナで日本と中国の男女チームのみ参加するなど、規模がはるかに小さかった。 戦いなしに行われた。

オリンピック優勝した中国女子チームが勝利した日本男子チームが中国チームとの2試合ですべて勝利した。

バレーボールのプロトコルは、ダイビング大会よりも緩いとします。

読売新聞は、成田空港から検診を受けた中国男子チームは、通常の乗客の間で空港ロビーに移動することができていると報道した。

Gerard Farek作成

一般的な意見やご質問は、こちらをクリックしてください。

オリンピックのための最も良いニュースは、加入者専用AroundTheRings.comです。

READ  ニコラス・ケイジ、リコー柴田と結び目を建てる| おもてなし

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close