トップニュース

東京2021:コロナウイルス感染症の発生安全承認のために来日オリンピック代表| 日本の

オリンピック運動の首長は、オリンピックが始まる前にコロナ19事例が急増してファイザーが日本に追加ワクチンを供給することに合意し、5月に日本を訪問することです。

国際オリンピック委員会委員長であるトーマス・バッハが5月17日、広島西部の都市で開催される聖火リレー式に出席し、翌日菅義偉首相に会うと共同通信が土曜日この問題に近い筋を引用した。

バッハは夏季オリンピックを安全に開催するという、日本の公約を後押しすると予想される。 教徒は伝染病が原因で、昨年より延期された後、7月末に開始される予定だと述べた。

東京オリンピック組織委員会は声明で、「私たちは、バッハの大統領の日本訪問の意思を知っており、そのような訪問を歓迎する」と述べた。 「しかし、具体的な決定はありません。」

東京でオリンピックが開始されるまでの100日足らずで、日本は4回コロナ19事例が拡散されることによって与えた応急措置を金曜日10地域に拡大しました。

主な政治家は、オリンピックが再びキャンセルされる可能性がまだあると言いました。

米国を国賓訪問中のシュガーは、金曜日の記者会見で、ジョー・バイデン、大統領がオリンピックを控えて前進すると明らかにしたバイデンが支持を提供したと述べた。

シュガーはまた、拡散を防ぐために追加の容量のファイザーワクチンを得るために、米国を訪問したことが分かった。

“[Pfizer] フジTVのライブインタビューでワクチン皇帝、河野太郎が言った。 出荷スケジュールを含む詳細については、議論されるだろうと付け加えた。

Konoはファイザーに追加接種回数を明示していなかったが、日本は9月末までに16歳以上のすべての人に接種するのに十分な量を確保することを言いました。

シュガーは3日間のワシントン訪問の最終日の土曜日ファイザーCEOのアルバートのINGと電話で要請した。

日本国民の0.9%だけが、金曜日に基づいて最初のワクチンを迎えたが、韓国は2.5%、イギリスは48%であった。

国内のワクチン開発がまだ初期段階である日本は、輸入に依存しなければなりファイザー、アストラゼネカ、モド出契約を締結した。 ファイザーワクチンは、これまで日本が承認した唯一のワクチンです。

日本政府は、今年末までに全人口を買う余裕ができる程度に、3億1,400万回を確保したと明らかにした。 ここではファイザーの1億4400万回が含まれます。

Konoはワクチンの出荷速度が5月から回復すると予想した。 ジャブを管理する医療従事者の不足への懸念を解決するために、政府は、最近、退職したり、休暇中の看護師を募集して予防接種を一時的にサポートしている法を改正しました。

日本は土曜日に4,532件のコロナウイルスの事例を追加して大流行が始まって以来、総525,218件9,584人が死亡しました。

READ  日本、セキュリティプッシュで、サプライチェーンチョークポイントに集中 - 公式

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close