スポーツ

東京2021:日本の水泳選手Rikako Ikeeがナショナルチャンピオンシップで2つのタイトルを追加

2021年4月4日、東京アクアティクス・センターで開かれた全国水泳選手権大会で女子100mバタフライ決勝で優勝した日本のイキ理香子

日本の水泳選手イキ理香子が土曜日の全国大会で女子50m自由形と50mバタフライ大会で優勝しました。 白血病から回復された後、大会に復帰してから8ヶ月もしていないポイントです。

イキは7月23日に開始される東京オリンピックに出場するために必要な24.46秒の記録を逃した50m自由形で24.84秒を記録した。

広告する

広告する

20歳のこの選手は25.56秒の時間的に非オリンピック50mバタフライで優勝し、ウォームアップをしました。

彼女は4つのタイトルで全国大会を終えました。

読む| 東京2021:日本の水泳選手Rikako Ikeeが白血病と戦っオリンピックマリーナを予約できる

木曜日、彼女は53.98秒で100m自由形で優勝しました。 彼女はオリンピックで100m自由形に出場するために必要な53.31秒を逃したものの、400mリレーのチケットを予約しました。

Ikeeはまた、日曜日に100mバタフライで優勝して4×100メドレーリレーでオリンピック場所を確保しました。 がん治療を終えて健康状態に戻りきたため、わずか数ヶ月前には想像できませんでした。

2018年のアジア大会で6個の金メダルを獲得したイキは2019年に白血病の診断を受ける前に、オリンピックで日本最高のメダル希望者のいずれかになると予想された。

彼女は昨年8月に対抗戦った大会に復帰しました。

READ  矢野監督、ウーめの交換に「言うことができない」一問一答 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close