エンターテインメント

東日本だるま市場、新年の訪問者は、大きく減ったが、売上高ではない



2021年1月1日群馬県高崎のだるま人形市場で仮面をかぶった大きなだるま人形を見ることができます。 (毎日/佐藤新)



2021年1月1日群馬県高崎のだるま人形市場で、大小のだるまを見ることができます。 (毎日/佐藤新)

群馬県高崎 – この東日本都市政府によると、新年の伝統になっただるま人形市場の訪問者数が新型コロナウイルスが原因で大幅に減少しました。 しかし、幸運をもたらすといわれる人形の売上高が急激に落ちない、全体的に悪くなかった。

市場は、1月1日と2日、群馬県JR高崎駅西口付近のメインストリートで開かれた。 総来場者数は約6万人—初日約27,000人、二日目で約33,000人—昨年約37万人で減少しました。 2017年に始まったこのイベントは、だるまや食品販売やエンターテイメントを提供しています。

今年のプログラムは、コロナウイルスに対する厳格な予防措置の中で開催されました。 市は訪問者にマスクの着用、手指消毒剤、消毒剤ミストゲート通過とコロナウイルス感染者との接触を確認するスマートフォンアプリケーションCOCOAに登録することを要請しました。

今年は初めてのスペシャルドライブスルーだるまセールも開催されました。 高崎南小学校に設置されたサービスは、72台のうち、約160人が利用した。

12月には、ダルマ、食品販売の参加予定者のPCR検査を実施した結果、食料品店の従業員1人が陽性判定を受け開店を強制的に停止した。 しかし、市場での関係者の救済のための混乱はありませんでした。

(高崎県神社土、日本原作)

READ  前SMAP森且行46歳の日本選手権初優勝、7年前に明らかにしていた」のメンバーとの約束」 - モータースポーツ - Number Web

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close